相続関する基礎知識

■相続とは
 ご家族や大切な方が亡くなられたとき、亡くなった方の遺産を相続するにあたって様々な手続きを踏む必要があります。

■相続人の種類
 もっとも、亡くなった方の遺産を相続できる方は、法的には以下に限定されています。また、相続人の種類によって、相続順位や相続の配分(法定相続分)が異なるため、それらをまとめてご紹介します。

・血族相続人
 血族相続人は、「子」、「両親など(直系尊属)」、「兄弟姉妹」を指します。
相続順位としては「子」→「両親など(直系尊属)」→「兄弟姉妹」の順に相続順位が低下していきます。すなわち、亡くなった方のお子さんが亡くなっていた場合などに、亡くなった方のご両親に血族相続人の相続順位が移ることとなります。
 そして、民法の定める相続割合の基準である法定相続分は、「子」の場合は2分の1、「両親(直系尊属)」の場合は3分の1、「兄弟姉妹」の場合は4分の1と定められています。

・配偶者相続人
 配偶者相続人は、常に相続人となることが定められています。
そして、民法の定める相続割合の基準である法定相続分についても、「子」が血族相続人となる場合には2分の1、「両親(直系尊属)」が血族相続人となる場合には3分の2、「兄弟姉妹」が血族相続人となる場合には4分の3というように血族相続人の相続分以外が基本的に配偶者相続人の法定相続分となります。

 横谷法律特許事務所は、広島市中区東白島町を中心に、広島市にお住まいの方のお悩みに広くお応えする法律事務所です。
 相続にお悩みの方は、お気軽に横谷法律特許事務所までご相談ください。