医療過誤関する基礎知識

 ご自身やご家族が、病院・クリニックで十分な治療を受けることができなかった、治療結果に納得がいかなかった、医療ミスの可能性があるなどで、やりきれない思いをされている方もいらっしゃるでしょう。
 このような場合、ご自身で説明を求めたり、カルテの開示を求めることも可能ですが、本当に医療事故があったのかを判断することはなかなか難しいというのが現状です。
 なぜならば、医療現場では、病院側が医療情報や患者の病状や診療経過、治療状況など多くの情報を把握しているのに対し、患者側に与えられる情報量は少なく、責任を追及するにも大変不利であるということがあります。

 また、医療訴訟は高度に専門的な内容を含みますので、裁判に発展すると、弁護士が病院側と十分戦えるような医学的知識を持つ必要がある上、それを裁判官にも理解してもらうことが不可欠ですので、一般的な訴訟よりも難しいところがあります。

 そこで、医療過誤のトラブル解決を専門とする弁護士に相談することをおすすめいたします。
 医療過誤を扱った経験が豊富な弁護士なら、それぞれの医療トラブルの問題点を的確に理解し、証拠保全や和解、裁判などをよりよい方法で進めることができます。また、病院側とのやりとりもスムーズに行うことができるため、安心してご依頼いただけます。

 横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市の皆さま(医療過誤については近隣の県の皆さまも含みます)の医療過誤、医療ミス、交通事故、企業法務、相続問題を中心に、あらゆるお悩みの相談やトラブル解決を承ります。
 お客様に対しては、法的観点からみた現在の状況と今後の見通しについて、できるだけ詳しくわかりやすくご説明いたします。お困りのことがありましたら、ぜひ当事務所へご相談ください。