adr とは 医療

  • 残業代請求を行うには

    残業代とは、実労働時間が所定労働時間または法定労働時間を超えた場合に、通常賃金分を超えて支払わねばならない賃金のことで、労働基準法37条に定められています。法定労働時間は、労働基準法32条に定められている基準のことで、1週・1日の労働時間を原則週40時間かつ1日8時間を超えたときに残業代が発生します。また、休日労…

  • 不当解雇、退職勧奨をされた場合の対応

    解雇とは、使用者が一方的に労働契約を解約することをいいます。一方退職勧奨とは、労働者が自ら退職するように呼びかけるものです。解雇には以下の通りとても強い法的規制がありますから、この適用を避けるために退職勧奨が行われることがあります。解雇は労働者の地位を奪うものですから、法的にとても厳しい制限がされています。労働契…

  • 遺留分侵害額請求とは

    ■遺留分侵害額請求(旧:遺留分減殺請求)とは 遺留分とは、民法に定められた各相続人に保障される相続割合のことをいいます。 そして、遺留分侵害額請求とは、遺贈や生前の財産転移などにより認められる遺留分が侵害されてしまった場合に、事前に財産を受け取っていた人間に遺留分を請求することをいいます。■遺留分侵害額請求の流れ…

  • 相続放棄とは

    積極財産とは、家や車、株など、持っているだけで所有者にとって経済的にプラスになるような財産のことをいいます。・消極財産 消極財産とは、主に借金のことをいい、持っていると所有者にとって経済的にマイナスになるような財産のことをいいます。相続に当たっては、積極財産を相続することもありますが、消極財産を相続してしまう場合…

  • 遺産分割協議が必要な場合

    ■遺産分割協議とは 遺産分割協議とは、各相続人に対してそれぞれ個別の財産の帰属分を確定するために各相続人が全員で協議を行うことをいいます。■遺産分割協議が必要となる場合 こうした遺産分割協議が必要となるのは、以下のような場合が考えられます。・相続人の間でトラブルを防止したい場合 遺産分割協議については、相続人の全…

  • 企業倒産・企業再生対応

    企業再生とは、倒産状況にある会社を再建させることを言います。企業再生には法的再生(法的整理)と私的再生(私的整理)があります。法的再生とは、民事再生や会社更生など法律の規定に則った企業再生を言います。他方で私的再生とは、裁判所の介入なく会社再建を行う方法を言います。私的再生に定まった形式はありませんが、個々の債権…

  • 会社訴訟・紛争対応

    会社訴訟とは、会社が関係するあらゆる訴訟のことを指します。会社訴訟には私人と同様の通常の民事訴訟(不法行為などの損害賠償請求訴訟など)と会社法に規定されている企業固有の訴訟があります。会社固有の訴訟とは具体的には会社の取引先との紛争や会社と従業員との紛争、会社と株主、役員などの間での紛争(株主代表訴訟や退職慰労金…

  • 企業が行うべきコンプライアンス(法令順守)対策

    企業コンプライアンス(法令遵守)とは、企業が法律などの規則や社会的倫理や道徳などの基本ルールに従って活動していくことを言います。 企業がコンプライアンス違反をしてしまうと、社会的な信用を失い、顧客離れが生じたり、損害の賠償に追われて赤字となってしまったり、場合によっては倒産や破産に追い込まれてしまうこともあります…

  • 契約書作成とリーガルチェックの必要性

    契約書のリーガルチェックとは、契約書作成に際して弁護士が法的観点から確認することを言います。 契約書は取引の基礎となる重要な書類です。もっとも、一般的にインターネット等に掲載されている雛形に沿って契約書を書いてしまう当事者も多いです。しかし、契約書は個々の取引内容や当事者の属性によって異なります。ですので、契約書…

  • 顧問契約

    顧問契約とは企業がある特定の分野においてノウハウや知識を持った専門家を経営において活用する目的で継続的な提携契約を締結することを言います。顧問弁護士契約などがその例として挙げられます。 顧問契約は多様な業務を内容とする一般的な雇用契約と異なり、特定の分野の業務のみが契約の対象となります。顧問契約のメリットは専門分…

  • 交通事故被害に遭った時に請求できる損害賠償

    このように別個に損害を考えることは、損害賠償請求をする際の請求賠償額を算定する際に大変便利であるわけです。法律上、損害は2種類に分けられるとされています。1つは、財産的損害です。例として、上記の破損した車の損害が挙げられます。もう1つは、精神的損害です。いわゆる慰謝料というものです。 一般的に損害賠償請求で請求さ…

  • 示談交渉について

    事故にあった直後にしなければならないことは4つあります。 1つ目は、警察に連絡することです。これは二次被害を防ぐこと、そして警察の手で交通事故の証拠を保全するという2つの意味で重要です。証拠が保全されていることで自分がどれだけの被害があったかをある程度精確に主張することができ、示談の交渉で有利な立場に立つことがで…

  • 交通事故発生から解決までの流れ

    損害賠償請求をするといっても第一に行うべきことは示談交渉です。というのは、訴訟など裁判所を利用する紛争解決は経済的・時間的コストがかかることがあるからです。弁護士とともに相手と示談交渉をするというのがベストな方法でしょう。横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高…

  • 医療過誤訴訟の主な流れ

    医療過誤や医師の説明義務違反が行われる場合、どのような流れで訴訟を提起するのでしょうか。まずは、訴訟や話し合いで、医療機関側に過失があったことを根拠をもって主張していくために、証拠収集や調査をしていくことになります。カルテを開示すること、医学書や文献を収集すること、協力してくれる医師から意見を聴取すること、医療機…

  • 医療機関との示談交渉

    医療過誤などをめぐって医療機関とトラブルになった場合、まずはじめに行うのは示談交渉です。示談とは、調停機関や裁判所を通さずに話し合いで解決を図る方法です。示談は、裁判所を通さないため費用や手間も少ないですし、裁判より低い立証の程度でも話し合いがまとまる可能性があります。そこで、大抵の場合、病院に被害を訴えるファー…

  • 医療過誤の調査~カルテ開示請求や証拠保全手続きについて~

    医療過誤の調査には、カルテ開示請求や証拠保全の手続きが欠かせません。診療に関する情報は、患者側よりも医療機関側が多く保持しており、これらの証拠を引き出さなければ医療過誤の責任を追及していくことは難しいのです。 カルテや医療記録等の証拠をおさえるためには、方法が2つあります。1つ目は、カルテ(診療情報)開示請求をす…

  • 医療過誤の調査~カルテ開示請求や証拠保全手続きについて~

    医療過誤の調査には、カルテ開示請求や証拠保全の手続きが欠かせません。診療に関する情報は、患者側よりも医療機関側が多く保所持しており、これらの証拠を引き出さなければ医療過誤の責任を追及していくことは難しいのです。 カルテや医療記録等の証拠をおさえるための方法は、2つあります。1つ目は、カルテ(診療情報)開示請求をす…

  • 死因解明提案義務

    医療過誤(医療ミス)が争点となる裁判では、医療過誤があったことを患者側が証明しなければなりません。 例えば、患者の状態が急変したとき、病院が何の対応もしないまま、患者が死亡したとします。このような場合、裁判で医療過誤を理由とする損害賠償請求が認められるためには、患者の遺族(患者側)が、患者が死亡した原因(死因)を…

  • 配偶者居住権について

    民法1028条1項2号は「配偶者居住権が遺贈の目的とされたとき」と規定していることから、被相続人が遺言によって配偶者に配偶者居住権を取得させるためには、「遺贈」でなければならず、いわゆる「相続させる」旨の遺言では、配偶者に配偶者居住権を取得させることはできないことに注意が必要です。 なお、配偶者居住権の規定は令和…

  • 遺産分割協議 岡山県 弁護士 相談

    広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣…労働災害に遭った場合の対応 このように、労働災害として認められるかどうかは個別の状況によって大きく異なりますから、お困りの方は弁護士に相談してください。横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務…

  • 勤務先会社が賃金を支払わない場合、どうすればよいか?

     内容証明郵便とは、「誰が、誰宛てに、いつ、どんな内容の手紙を出したか」ということを、郵便局(郵便事業株式会社)が公的に証明してくれる郵便です。 内容証明郵便には、1行20字以内、1枚26行以内で文書を作成しなければならない等、差出方法に一定の決まりがあります。詳しくは、郵便局のホームページでご確認ください。通知…

  • 勤務先から突然「解雇する」と言われた場合、どうすればよいか

     解雇とは、会社(使用者)が一方的に労働契約(雇用契約)を解約することです。 合理的な理由なく、会社が従業員を解雇することは、認められません(労働契約法16条)。 また、会社の業績の悪化を理由とする、いわゆる整理解雇の場合は、次の4つの要件を満たさなければ、解雇は認められないとされています。① 人員削減の必要性が…

  • 交通事故での信号サイクルの活用

    1 信号サイクルが必要となる場面とは? 例えば、信号機のある交差点を直進中、同じ交差点に、右方向あるいは左方向から赤信号を無視をして進入してきた相手方車に衝突されるという交通事故に遭ったとします。ところが、事故の相手方は、「自分の対面信号は青だった」と言い張ります。 このような場合、目撃者の証言が得られる等して、…

  • 所有者が不明な不動産の対応

    「地番」とは、土地の番号であり、住所(住居表示)とは異なります。地番の特定には、ブルーマップ、住宅地図、法務局にある公図等を利用します。土地の住所が分かっている場合は、管轄の法務局に電話で問い合わせれば、地番を教えてもらえます。(ただし、ブルーマップが作成されていない地域の地番については、このサービスは受けられな…

  • 隣の崖の所有者に防護擁壁の設置を求められるか?

     ただし、この点に関しては、学説も一致していないことから、必ず裁判所が、そのように擁壁設置の費用を分担すべきと判断するとは言い切れません。 なお、擁壁設置の費用を分担すべきとされた場合の、費用の分担割合ですが、上記東京高裁昭和51年判決は、「通常は平分(2分の1ずつ)と解する」としていますが、ケースバイケースで異…

  • B型肝炎給付金請求訴訟の提起時の注意点

     このような場合、その患者さんは、ケース①(がんの発症から20年を経過していない)として、給付金請求訴訟を提起しますが、実際には21年前の入院時のカルテには、がんであることが記載されています(給付金請求訴訟では、これまでの全ての入院時の医療記録[若しくは退院時要約]を提出することとされます)。このため、21年前の…

  • 東名あおり運転判決について

    とは関係ないものについては、因果関係が否定される」と述べている(井上宏外「刑法の一部を改正する法律の解説」[法曹時報54巻4号、以下「井上外論文」という]61頁以下。下線は引用者による[以下同じ]。)。 ⑶ⅰ 上記の「運転行為の危険性」の内容であるが、危険運転致死傷罪の罪質について立案担当者は、「故意に危険…

  • 風邪の症状のある従業員を休ませる場合、会社は、休業手当を払う必要があるか?

    ここで、労働基準法26条の「使用者の責に帰すべき事由」とは、「企業経営者として不可抗力を主張しえないすべての場合をも含む」とされます(熊本地方裁判所八代支部昭和37年11月27日決定・労働関係民事裁判例集13-6-1126)。 本件についてみれば、上記のとおり、感染防止のため、発熱等の風邪の症状がある従業員は、勤…

  • 総会決議取消しの訴えにかかる訴えの利益を認めた最高裁判決

    総会決議取消しの訴えにかかる訴えの利益について、いわゆる「瑕疵連鎖説」(最高裁平成2年4月17日判決)を前提として、最高裁昭和45年4月2日判決とは異なる最高裁判決がなされました。私が担当した事件で、先日、最高裁の判決が言い渡されましたので、紹介致します。1 事案 ⑴ 上告人X(私の依頼者)は、中小企業等協同組合…

  • 労働災害に遭った場合の対応

    広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣県の皆さまも含みます)の医療過誤、医療ミス、交通事故、企業法務、相続問題を中心に、あらゆるお悩みの相談やトラブル解決を承ります。お客様に対しては、法的観点からみた現在の状況と今後の見通しについて、できる…

  • 遺言書の種類と効果

    広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣県の皆さまも含みます)の医療過誤、医療ミス、交通事故、企業法務、相続問題を中心に、あらゆるお悩みの相談やトラブル解決を承ります。お客様に対しては、法的観点からみた現在の状況と今後の見通しについて、できる…

  • 相続手続きの流れ

    広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣県の皆さまも含みます)の医療過誤、医療ミス、交通事故、企業法務、相続問題を中心に、あらゆるお悩みの相談やトラブル解決を承ります。お客様に対しては、法的観点からみた現在の状況と今後の見通しについて、できる…

  • 相手方が任意保険等未加入だった場合

    広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣県の皆さまも含みます)の医療過誤、医療ミス、交通事故、企業法務、相続問題を中心に、あらゆるお悩みの相談やトラブル解決を承ります。お客様に対しては、法的観点からみた現在の状況と今後の見通しについて、できる…

  • 医師の説明義務違反

    医療でトラブルが起こった場合、多くの方は医療過誤やミスなど、医師の過失を問題として訴えるイメージを持つ方が多いでしょう。しかし、医療過誤では、患者側と医療機関側に、圧倒的な情報量の格差や、医療行為の難しさなどから、過失が認められるケースは少ないというのが現状です。そこで近年、医師の説明義務違反を併せて主張していく…

  • 医療過誤・医療事故を疑ったときは

    医療過誤や医療ミスの可能性を疑ったときに、はじめにしなければならないポイントや、注意するポイントには何があるでしょうか。まずは、診療の過程を時系列にそって記録することが重要です。患者様や、ご自身が診療にいった日や、手術をした日時、処方された薬などは必ず記録しましょう。紙に記録するだけでなく、診断書や、薬の入ってい…

  • 医療過誤を疑ったときは

    医療過誤(医療ミス)の可能性を疑ったときに、はじめにしなければならないポイントや、注意するポイントには何があるでしょうか。まずは、診療の過程を時系列にそって記録することが重要です。患者様や、ご自身が通院した日や、手術をした日時、処方された薬などは必ず記録しましょう。紙に記録するだけでなく、診断書や、薬の入っていた…

  • 医師の説明義務違反

    近年、医療過誤の主張とともに、医師の説明義務違反を併せて主張していくケースが増えています。例えば、投薬の際に重篤な副作用があることを説明していなかったために、投薬を拒否する選択を考えられなかったと主張することがあります。最高裁判所第三小法廷平成13年11月27日判決(最高裁判所民事判例集55巻6号1154頁)では…

  • 医療過誤事案の解決までの手続の流れ

    医療過誤が疑われた場合の、解決までの手続の流れは、以下のとおりです。 1. それまでの相手方病院での診療の経過をお聞きします。 その上で、医療ミスが考えられる場合、次の医療調査の段階に進みます。2. カルテ・レントゲン・CT等の診療に関する記録を相手方病院から取り寄せた上で、協力してくれる医師に医療ミスの有無につ…

  • 示談交渉での注意点

    そうならないようにするためにも、交渉を弁護士に依頼することは、意味のあることです。横谷法律特許事務所は、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さまの交通事故など、あらゆるお悩みの相談やトラブル解決を承ります。お客様に対しては、法的観点からみた現在の状況と今後の見…

  • 顧問契約

    顧問契約とは、企業がある特定の分野においてノウハウや知識を持った専門家を経営において活用する目的で、継続的な提携契約を締結することを言います。顧問弁護士契約などがその例として挙げられます。 顧問契約は、多様な業務を内容とする一般的な雇用契約と異なり、特定の分野の業務のみが契約の対象となります。顧問契約のメリットは…

  • 契約書作成とリーガルチェックの必要性

    契約書のリーガルチェックとは、契約書作成に際して弁護士が法的観点から確認することを言います。 契約書は取引の基礎となる重要な書類です。 インターネット等に掲載されているひな形に沿って契約書を作ることもありますが、契約書は個々の取引内容や契約当事者の属性によって異なります。したがって、ひな形を個別の取引に適合するよ…

  • 企業が行うべきコンプライアンス(法令遵守)対策

    企業コンプライアンス(法令遵守)とは、企業が法律などの規則や社会的倫理や道徳などの基本ルールに従って、活動していくことをいいます。 企業がコンプライアンス違反をしてしまうと、社会的な信用を失い、顧客離れが生じたり、損害賠償を求められることもあります。このためコンプライアンス遵守は、企業にとって不可欠です。コンプラ…

  • 紛争対応

    紛争を防止するために、日頃から会社の活動について法的観点からチェックすることは、意味のあることです。 また、紛争が生じてしまった場合、それまでの会社の対応についてよく知っている弁護士であれば、より円滑に紛争を解決できると考えられます。横谷法律特許事務所は、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島…

  • 相続放棄の注意点

    単純承認とは、積極財産(プラスの財産)・消極財産(相続債務)を問わず、すべての相続財産を相続するという相続方法をいいます。 限定承認とは、積極財産が消極財産を上回る場合においてのみ財産の相続を承認するという相続方法をいいます。 相続の放棄とは、相続財産の相続を一切放棄するという相続方法です。主に、消極財産が積…

  • 遺留分侵害額請求とは

    ■遺留分侵害額請求(旧:遺留分減殺請求)とは 遺留分とは、民法に定められた各相続人に保障される相続分のことをいいます。 そして、遺留分侵害額請求とは、遺贈や生前贈与などにより、本来取得できた相続分を取得できなくなってしまった(遺留分が侵害された)場合に、遺贈や生前贈与を受けた者に対して、侵害された遺留分に相当する…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です