遺産分割協議書 必要

  • 遺産分割協議が必要な場合

    ■遺産分割協議が必要となる場合 こうした遺産分割協議が必要となるのは、以下のような場合が考えられます。・相続人の間でトラブルを防止したい場合 遺産分割協議については、相続人の全員が協議に参加し、協議書に署名押印を行うことが必要です。 そのため、遺産分割協議書を作成することによって相続人全員が相続の方法や内容に納得…

  • 交通事故での信号サイクルの活用

    1 信号サイクルが必要となる場面とは? 例えば、信号機のある交差点を直進中、同じ交差点に、右方向あるいは左方向から赤信号を無視をして進入してきた相手方車に衝突されるという交通事故に遭ったとします。ところが、事故の相手方は、「自分の対面信号は青だった」と言い張ります。 このような場合、目撃者の証言が得られる等して、…

  • 所有者が不明な不動産の対応

    登記を確認するためには、まず、土地の地番を特定する必要があります。「地番」とは、土地の番号であり、住所(住居表示)とは異なります。地番の特定には、ブルーマップ、住宅地図、法務局にある公図等を利用します。土地の住所が分かっている場合は、管轄の法務局に電話で問い合わせれば、地番を教えてもらえます。(ただし、ブルーマッ…

  • B型肝炎給付金請求訴訟の提起時の注意点

     給付金額は減少しますし、訴訟提起時に裁判所に納めた印紙のうち、82,000円分の印紙は、本来、納める必要のないものでした(請求金額が3600万円の場合の印紙代:128,000円、請求金額が900万円の場合の印紙代:46,000円)。3.このようなことにならないように、給付金請求訴訟を提起する際には、特別措置法の…

  • 労働災害に遭った場合の対応

    労災保険請求が認められるには、災害が「業務上」のものであることが必要です(労災保険法7条1項1号)。業務中であれば、あまり問題にならないのですが、通勤災害、休憩中や、出張、社外行事中などは問題になることもあります。例えば、通勤中であっても、寄り道で映画を鑑賞したり飲み会をしているときなどにあった災害は、通勤災害と…

  • 残業代請求を行うには

    また、休日労働や深夜労働にも割増賃金を支払う必要があります。時間外労働・深夜労働は25パーセント以上、休日労働は35パーセント以上、月60時間を超える法定時間外労働については50%以上(中小企業は令和5年まで猶予)を割増で支払います。 もっとも、変形労働時間制を採用している場合などは、時間外労働としてカウントされ…

  • 不当解雇、退職勧奨をされた場合の対応

    また、会社の経営上の理由による整理解雇の場合は、会社都合であるため、会社が解雇回避努力をしたか、本当に人員削減の必要があるかなどをとても厳しく判断されます。 不当解雇など解雇が無効の場合、使用者は労働者に対し、解雇時以降の賃金相当額(賃金ではない)支払う義務があります。 これをバックペイ(back pay)と言い…

  • 遺留分侵害額請求とは

    また、請求に当たっては、各書面の準備など煩雑な作業が必要です。 そうした手続きを任せるためにも、遺留分侵害額請求をなさる場合には、一度弁護士や司法書士などの法律の専門機関に相談されることをおすすめします。横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まい…

  • 相続放棄とは

    必要書類の収集 相続放棄申述書については、以下のリンク(裁判所)にそのフォームが掲載されています。http://www.courts.go.jp/saiban/syosiki_kazisinpan/syosiki_01_13/index.・照会書への回答 この通知書の到着をもって、相続放棄が認められます。

  • 遺言書の種類と効果

    ただし、自筆証書遺言や秘密証書遺言については家庭裁判所で遺言書の状態や内容を確認して保管してもらう「検認」という手続きが必要となります。 もっとも、2020年7月の改正により、自筆証書遺言については、法務省に事前に預け、管理してもらっている場合には検認手続きが不要となりました。・公正証書遺言 公証役場の公証人によ…

  • 相続手続きの流れ

    亡くなった方の相続を開始するには、様々な手続きが必要です。 以下に、その流れを簡単にご説明します。①死亡日から一週間以内に行うこと ②死亡日から二週間以内に行うこと ③死亡日から三か月以内に行うこと 公正証書遺言や、法務省によって管理された遺言でない遺言書である場合には、遺言書を補償するために裁判所によ…

  • 企業倒産・企業再生対応

    それは、企業再生を行うにあたっては複雑な法律問題が絡んでくることが多いですし、個々の会社の状況によって再生方法が変わってくるため、法的助言が必要となることが多いからです。また、企業再生を行うタイミングや債権者への対応、手続きの代行等弁護士が対応できることは多岐に渡ります。また、企業再生が難しい場合には企業倒産を検…

  • 会社訴訟・紛争対応

    そのため、より専門的な法的知識を伴う紛争であるため弁護士等の介入が必要となる場合がほとんどです。企業紛争はその特殊性から解決に多くの時間と負担を伴うことが多いです。ですので、取引先や従業員、役員と会社との関係悪化により紛争が発生しそうな場合、事前に紛争を予防する策を講じることも弁護士に相談することで可能となる場合…

  • 企業が行うべきコンプライアンス(法令順守)対策

    そのため企業は不当な行為を行う従業員を排除することで職場環境を整える必要があります。3つ目は内部告発の窓口を作ることです。 これはハラスメント対処にも繫がることですが、会社内の不正の内部告発ができる環境を整えることで、会社のモラルを維持することができます。 この際に気をつけるべきことは、内部告発の匿名を徹底し、公…

  • 示談交渉について

    要するに、交通事故によって生じた損害の賠償を得るためには、加害者や加害者が加入する保険会社に受け身の姿勢ではなく、積極的な姿勢が必要とされるわけであります。事故にあった直後にしなければならないことは4つあります。 1つ目は、警察に連絡することです。これは二次被害を防ぐこと、そして警察の手で交通事故の証拠を保全する…

  • 医療過誤の調査~カルテ開示請求や証拠保全手続きについて~

    病院にいくと、開示請求のための書式が用意されていることもありますから、その書式に従い必要な書類を提出し、また写しなどの作成料や手数料などの料金を支払うことでカルテのコピーがもらえます。ただし、この方法は、医療過誤が起こった場合にはカルテの一部を改ざんする・一部しか渡さないなど証拠を隠滅する可能性がないとはいえませ…

  • 医療過誤・医療事故を疑ったときは

    なお、録音の際に許可を取る必要はありません。医師に、あらためて「あれはどういう手術だったのでしょうか」「これはどういうお薬ですか」など、治療の内容について説明を求めるときは、医療ミスが疑われるからといって高圧的な態度や感情的な発言をしないように心がけましょう。医療ミスを疑う姿勢で追及すると、病院側も萎縮して情報を…

  • 医療過誤の調査~カルテ開示請求や証拠保全手続きについて~

    文書の廃棄・改ざんのおそれがあるときに、裁判所に申立てをして証拠保全の必要性を明らかにすることで行います。これは、訴訟を提起する前であってもすることが可能です。この申立ては病院に知られずに行うことができ、また証拠の改ざんをする暇を与えません。病院側にとっては、突然裁判所の執行官が病院を訪れて、その場でカルテを原本…

  • 死因解明提案義務

    このような場合、裁判で医療過誤を理由とする損害賠償請求が認められるためには、患者の遺族(患者側)が、患者が死亡した原因(死因)を証明する必要があります。なぜならば、裁判で「医療過誤があったこと」を証明するには、病院が「○○をすべきだった」にもかかわらず、それをしなかったことを、証明しなければなりません。そして、病…

  • 契約書作成とリーガルチェックの必要性

    したがって、ひな形を個別の取引に適合するように修正することが必要となります。また、取引の相手方が契約書を作成する場合は、相手方に有利に作成されてしまうことも少なくありません。このようなことから、弁護士が法的観点から契約書をチェックすることにより、トラブルを未然に防止することができるようになります。横谷法律特許事務…

  • 企業が行うべきコンプライアンス(法令遵守)対策

    企業は不当な行為を行う従業員などを排除することにより、職場環境を整える必要があります。3つ目は、内部告発の窓口を作ることです。 これはハラスメント対処にも繫がることですが、会社内の不正に対して内部告発ができる環境を整えることで、会社のモラルを維持することができます。 この際に気をつけるべきことは、内部告発の匿名を…

  • 遺産分割協議 岡山県 弁護士 相談

    また、請求に当たっては、各書面の準備など煩雑な作業が必要です。 そうした手続きを任せるためにも、遺留分侵害額請求をなさ…遺産分割協議が必要な場合 ■遺産分割協議とは 遺産分割協議とは、各相続人に対してそれぞれ個別の財産の帰属分を確定するために各相続人が全員で協議を行うことをいいます。■遺産分割協議が必要となる場…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です