退職 勧奨

  • 不当解雇、退職勧奨をされた場合の対応

    一方退職勧奨とは、労働者が自ら退職するように呼びかけるものです。解雇には以下の通りとても強い法的規制がありますから、この適用を避けるために退職勧奨が行われることがあります。解雇は労働者の地位を奪うものですから、法的にとても厳しい制限がされています。労働契約法16条は、客観的に合理的理由を欠き、又は社会通念上相当と…

  • 遺産分割協議 岡山県 弁護士 相談

    不当解雇、退職勧奨をされた場合の対応 このように、違法となるかどうか、何が請求できるかは個別のケースによって異なりますから、解雇や退職勧奨に納得がいかない場合は、弁護士に相談し、専門的な観点からアドバイスを受けるべきだといえます。横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市…

  • 勤務先会社が賃金を支払わない場合、どうすればよいか?

    退職金不払いのケースでは、退職金請求権の裏付けとなる退職金規定、就業規則、労働協約等を証拠として確保しておきましょう。2. 上記の証拠を確保した上で、内容証明郵便で、勤務先会社に対して未払い賃金の支払を請求します。 内容証明郵便とは、「誰が、誰宛てに、いつ、どんな内容の手紙を出したか」ということを、郵便局(郵便事…

  • 勤務先から突然「解雇する」と言われた場合、どうすればよいか

    1 辞表を書いたり、退職の同意書等に署名捺印したりしないこと 会社側は、辞めさせたい従業員に対して、辞表の提出を求めたり、退職の同意書等への署名捺印を求めたりします。辞めることに納得しないまま、これらに応じてはいけません。 万一、会社側から強く要求される等したために、納得しないまま、辞表を書いてしまった、若しくは…

  • 会社訴訟・紛争対応

    会社固有の訴訟とは具体的には会社の取引先との紛争や会社と従業員との紛争、会社と株主、役員などの間での紛争(株主代表訴訟や退職慰労金請求訴訟、取締役の責任に関する訴訟)等が挙げられます。会社固有の訴訟は一般規定である民法の規定ではなく、会社法の適用が優先されます。そのため、より専門的な法的知識を伴う紛争であるため弁…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です