自賠責保険 任意保険 違い

  • 相手方が任意保険等未加入だった場合

    原則として、自動車運転者は自賠責保険に強制加入されます。この保険は自動車損害賠償法(自賠法)という法律に基づくもので、加入していない自動車運転者には1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられています(自賠法86条の3第1項)。このような強い罰則が科せられていることを考えると、まず自動車運転者の中で、保険に加…

  • 相手方が任意保険に未加入だった場合

    しかし、相手方が任意加入保険(任意保険)に加入していない場合もありえます。このような場合にどうすればよいのでしょうか。原則として、自動車運転者は自賠責保険に強制加入されます。この保険は自動車損害賠償法(自賠法)という法律に基づくもので、加入していない自動車運転者には1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられ…

  • 勤務先から突然「解雇する」と言われた場合、どうすればよいか

     退職の理由が「解雇」の場合と、「自己都合」の場合とでは、雇用保険の失業給付を受ける際に大きな違いが生じますので、注意してください。(例えば、「解雇」によって退職した場合、失業給付は、離職票の提出と求職の申込みを行った日から7日間の待期期間の後に支給されますが、いわゆる「自己都合による退職」の場合は、上記待期期間…

  • 東名あおり運転判決について

        ⑷ 乙は、自車を発車させようとしたものの、エンジンキーを甲に投棄されたと勘違いして、周辺を捜すなどして、甲車が走り去ってから7、8分後まで、現場に乙車を停止させ続けた。そうしたところ、停止中の乙車後部に、第3通行帯を進行してきた普通乗用自動車が衝突し、同車の運転者及び同乗者3名が死亡し、同乗者1名が重傷…

  • 総会決議取消しの訴えにかかる訴えの利益を認めた最高裁判決

       しかしながら、「株主総会決議取消しの訴えとその不存在確認の訴えとの間の法律構造の違い」(八木一洋「最高裁判例解説民事篇平成11年度303頁)等を理由として、先行決議の取消訴訟に、先行決議が取り消されるべきものであることを理由とする、後行決議の不存在確認請求が併合された場合でも、先行決議の取消請求に係る訴えの…

  • 遺産分割協議 岡山県 弁護士 相談

    相手方が任意保険等未加入だった場合 広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣県の皆さまも含みます)の医療過誤、医療ミス、交通事故、企業法務、相続問題を中心に、あらゆるお悩みの相談やトラブル解決を承ります。お客様に対しては、法的観点からみた現在…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です