自筆証書 遺言 法務局

  • 遺言書の種類と効果

    遺言書の種類 遺言書は、主に三種類の遺言書が存在します。・自筆証書遺言 遺言者が自ら遺言内容を記入し、押印をする簡単な遺言の作成方法です。 ただし、自筆証書遺言や秘密証書遺言については家庭裁判所で遺言書の状態や内容を確認して保管してもらう「検認」という手続きが必要となります。 もっとも、2020年7月の改正によ…

  • 所有者が不明な不動産の対応

    地番の特定には、ブルーマップ、住宅地図、法務局にある公図等を利用します。土地の住所が分かっている場合は、管轄の法務局に電話で問い合わせれば、地番を教えてもらえます。(ただし、ブルーマップが作成されていない地域の地番については、このサービスは受けられないようです。2. 登記には、必ず所有者の住所が記載されていますの…

  • 相続手続きの流れ

    公正証書遺言や、法務省によって管理された遺言でない遺言書である場合には、遺言書を補償するために裁判所によって遺言書を調査・検認してもらう手続きが必要となります。・相続人の確定 相続人の確定にあたっては、亡くなった方のご両親にたどり着くまで戸籍をさかのぼり、亡くなった方の戸籍の流れを特定することが必要です。戸籍が各…

  • 遺産分割協議 岡山県 弁護士 相談

    民法1028条1項2号は「配偶者居住権が遺贈の目的とされたとき」と規定していることから、被相続人が遺言に…勤務先会社が賃金を支払わない場合、どうすればよいか?  したがって、内容証明郵便で勤務先会社に対して賃金の支払を請求してもなお、賃金が支払われない場合には、労働基準監督署に相談しましょう。労働基準監督署に相…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です