自動車 損害賠償 責任 保険

  • 相手方が任意保険に未加入だった場合

    交通事故によるケガの治療費や車の修理費は、基本的に相手方の加入する保険会社に請求することになります。しかし、相手方が任意加入保険(任意保険)に加入していない場合もありえます。このような場合にどうすればよいのでしょうか。原則として、自動車運転者は自賠責保険に強制加入されます。この保険自動車損害賠償法(自賠法)とい…

  • 労働災害に遭った場合の対応

    労働中に傷病や死亡など、労働災害に遭ってしまった場合、その治療費や賠償金などを取るために、労災保険などから補償が得られることがあります。第1に、労災保険法上の給付を受けることができます。会社は強制的に労災保険に加入していますので、どなたでも受けることができます。給付手続きとしては、労働者か遺族が労基署長に給付を…

  • 相手方が任意保険等未加入だった場合

    交通事故によりケガの治療費や車の修理費を基本的に相手方の保険会社に請求することになります。しかし、相手方が無保険の場合もありえます。このような場合にどうすれば良いのか、考えていきます。原則として、自動車運転者は自賠責保険に強制加入されます。この保険自動車損害賠償法(自賠法)という法律に基づくもので、加入していな…

  • 交通事故被害に遭った時に請求できる損害賠償

    交通事故に遭った被害者は損害賠償請求をすることができます。しかし、損害といっても様々なものがあります。例えば交通事故により破損した車の損害と被害者が負った後遺障害という損害です。これらは同じ「損害」ですが法律上は別個にして考えられる損害です。このように別個に損害を考えることは、損害賠償請求をする際の請求賠償額を算…

  • 示談交渉について

    なぜこの示談交渉が大事であるかというと、自動車事故の場合には加害者が加入する保険会社により賠償額が算定され、自分では納得できないような賠償金額に留まり、いわゆる「泣き寝入り」を強いられることがあるからです。要するに、交通事故によって生じた損害の賠償を得るためには、加害者や加害者が加入する保険会社に受け身の姿勢では…

  • 交通事故発生から解決までの流れ

    これにより交通事故の解決手段としての損害賠償請求や示談交渉に際してより客観的な証拠による有利な主張・交渉をすることができます。 最後に、病院には行っておいた方がいいでしょう。ケガをしている場合には言うまでもないとしても、たとえ自覚的な症状がなくとも病院には行っておくべきです。⑵どのように交通事故は解決されるか

  • 交通事故にあったときにすべきこと

    これにより損害賠償請求に際して、より客観的な証拠に基づいて主張・交渉をすることができます。 最後に、病院には行っておいた方がよいでしょう。ケガをしている場合には言うまでもないとしても、たとえ自覚的な症状がなくとも病院には行っておくべきです。⑵どのように交通事故は解決されるか 交通事故は大概の場合加害者が被害者に対…

  • 遺産分割協議 岡山県 弁護士 相談

    3つ目は自分が加入している自動車保険に「弁護士費用特約」がついているかどうかを確認することです。弁護士特約とは、交通事故に関する事故が生じたときに特別の費用を払うことなく(あるいは割安で)弁護士が付いてくれる制度です。やはり法律のプロであり民事紛争の経験が豊富な弁護士が付いていることは精神的にも、示談交渉でも余裕…

  • 交通事故での信号サイクルの活用

     ここで、交通事故にかかる損害賠償請求訴訟の中で、信号サイクルを調査することにより、解決に至った事例を紹介致します。なお、個人情報保護の関係から、事例の内容を一部改変しております。⑴信号のある交差点(以下、「本件交差点」といいいます)で、バイクが自動車に衝突されました(当方は、バイク運転手の訴訟代理人でした)。

  • 風邪の症状のある従業員を休ませる場合、会社は、休業手当を払う必要があるか?

     一方、万一、発熱等の症状のある従業員をそのまま勤務させていた会社で、新型コロナウイルスの集団感染が発生した場合、そのような会社は、感染した従業員に対して、「安全配慮義務違反」による損害賠償責任を負うことが、十分考えられます。 以上のことからすれば、発熱等の風邪の症状がある従業員に対しては、在宅勤務が可能であれば…

  • 会社訴訟・紛争対応

    会社訴訟には私人と同様の通常の民事訴訟(不法行為などの損害賠償請求訴訟など)と会社法に規定されている企業固有の訴訟があります。会社固有の訴訟とは具体的には会社の取引先との紛争や会社と従業員との紛争、会社と株主、役員などの間での紛争(株主代表訴訟や退職慰労金請求訴訟、取締役の責任に関する訴訟)等が挙げられます。会社…

  • 医療過誤・医療事故を疑ったときは

    医療ミスを疑う姿勢で追及すると、病院側も萎縮して情報を十分に開示してくれなくなったり、責任を逃れるために弁解的な記載をする可能性、証拠資料となるものを廃棄・隠匿するおそれが生じるからです。患者としての純粋な疑問であれば、医師も説明をしてくださるでしょうから、うまくコミュニケーションをとることが重要です。医師に説明…

  • 死因解明提案義務

    このような場合、裁判で医療過誤を理由とする損害賠償請求が認められるためには、患者の遺族(患者側)が、患者が死亡した原因(死因)を証明する必要があります。なぜならば、裁判で「医療過誤があったこと」を証明するには、病院が「○○をすべきだった」にもかかわらず、それをしなかったことを、証明しなければなりません。そして、病…

  • 示談交渉での注意点

    示談交渉の際に大切な点は、損害賠償としてどの程度の金額を請求することができるかを知ることです。交通事故では、事故の形態、ケガの程度、後遺障害が残った場合はその程度などにより、どの程度の金額の損害賠償請求をできるかが、これまでの裁判例などにより、だいたい決まっています。このような標準的な請求金額(いわゆる「相場」で…

  • 勤務先会社が賃金を支払わない場合、どうすればよいか?

    遅延損害金とは、本来支払われるべき日に賃金が支払われなかったこと(債務不履行)に対する損害賠償金のことです。 遅延損害金の利率は、勤務先会社が営利企業など「商人」の場合は年6%、そうでない場合は年5%となります。また、労働者がすでに退職している場合の未払い賃金(退職手当を除く)については、年14.6%となります(…

  • 勤務先から突然「解雇する」と言われた場合、どうすればよいか

     退職の理由が「解雇」の場合と、「自己都合」の場合とでは、雇用保険の失業給付を受ける際に大きな違いが生じますので、注意してください。(例えば、「解雇」によって退職した場合、失業給付は、離職票の提出と求職の申込みを行った日から7日間の待期期間の後に支給されますが、いわゆる「自己都合による退職」の場合は、上記待期期間…

  • 東名あおり運転判決について

      ⑴ 危険運転致死傷罪は、自動車運転による死傷事犯の実情にかんがみ、事案の実態の即した処分及び科刑を行う ため、アルコールの影響により正常な運転が困難な状態で自動車を走行させる等、一定の悪質かつ危険な運転行為をして人を死傷させた者を、暴行により人を死傷させた者に準じて処罰する犯罪類型として、平成13年刑法改正…

  • 遺産分割協議が必要な場合

    自動車や株の名義変更を行う場合上述したケース以外にも、相続に関するトラブルが生じてしまうことは考えられます。そのため、トラブルを未然に防ぎ、円滑に相続を行うためにも、相続の際は遺産分割協議書を作成されることをおすすめします。横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安…

  • 相続手続きの流れ

    ■相続手続きの流れ 亡くなった方の相続を開始するには、様々な手続きが必要です。 以下に、その流れを簡単にご説明します。①死亡日から一週間以内に行うこと ②死亡日から二週間以内に行うこと ③死亡日から三か月以内に行うこと 公正証書遺言や、法務省によって管理された遺言でない遺言書である場合には、遺言書を補償…

  • 医療機関との示談交渉

    示談交渉は、直接医療機関に、損害賠償請求を求める書面を送ることで行います。交渉の中で、診療内容について説明会が開かれたり、医師に説明を求めることもあります。示談交渉をしても、医療機関側が示談に応じない場合もあります。示談に応じないとしては次のような理由が考えられます。 一つは、医療機関側が過失を認めないことです。…

  • 医療過誤の調査~カルテ開示請求や証拠保全手続きについて~

    診療に関する情報は、患者側よりも医療機関側が多く保持しており、これらの証拠を引き出さなければ医療過誤の責任を追及していくことは難しいのです。 カルテや医療記録等の証拠をおさえるためには、方法が2つあります。1つ目は、カルテ(診療情報)開示請求をすることです。病院には、患者本人からカルテ開示を請求された場合に原則と…

  • 医療過誤を疑ったときは

    医療ミスを疑う姿勢で追及すると、病院側も萎縮して情報を十分に開示してくれなくなったり、責任を逃れるために弁解的な記載をする可能性、証拠資料となるものを廃棄・隠匿するおそれが生じるからです。患者としての純粋な疑問であれば、医師も説明をするでしょうから、うまくコミュニケーションをとることが重要です。医師に説明を求める…

  • 医療過誤の調査~カルテ開示請求や証拠保全手続きについて~

    診療に関する情報は、患者側よりも医療機関側が多く保所持しており、これらの証拠を引き出さなければ医療過誤の責任を追及していくことは難しいのです。 カルテや医療記録等の証拠をおさえるための方法は、2つあります。1つ目は、カルテ(診療情報)開示請求をすることです。病院には、患者本人からカルテ開示を請求された場合に原則と…

  • 医療過誤事案の解決までの手続の流れ

    協力する医師も医療ミスを認める場合、次の示談交渉または損害賠償請求訴訟の段階に進みます。 なお、診療に関する記録を相手方病院から取り寄せるにあたって、病院がカルテを改ざんするおそれがあることがあります。そのような場合、裁判官とともに、抜き打ち的に相手方病院に行ってカルテ等のコピーをとる、「証拠保全」という手続をす…

  • 交通事故により生じる損害の種類

    交通事故に遭った被害者は損害賠償請求をすることができます。しかし、損害といっても様々なものがあります。法律上、損害は、財産的損害と精神的損害に分けられます。交通事故により生じる損害を、財産的損害・精神的損害で区分すると、以下のようになります。○財産的損害 ・治療費…… ・葬儀費用…… ・休業損害…… ・後遺症逸失…

  • 企業が行うべきコンプライアンス(法令遵守)対策

    企業がコンプライアンス違反をしてしまうと、社会的な信用を失い、顧客離れが生じたり、損害賠償を求められることもあります。このためコンプライアンス遵守は、企業にとって不可欠です。コンプライアンス遵守のために、企業が行うべきことは主に3つあります。 1つ目は、従業員を教育することです。 従業員に義務としてコンプライアン…

  • 経営者保証ガイドライン

    これは、中小企業、小規模事業者などの経営者は、会社の債務を連帯保証していることが一般ですが、そのような個人保証については、個人保証をすることにより経営者が失敗を恐れて思い切った事業展開ができなくなることや、起業や事業承継の妨げとなる、経営が窮地に陥った場合に、経営者が保証責任の追及を恐れて、早期の事業再生を躊躇し…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です