給料未払い 証拠 がない

  • 示談交渉について

    これは二次被害を防ぐこと、そして警察の手で交通事故の証拠を保全するという2つの意味で重要です。証拠が保全されていることで自分がどれだけの被害があったかをある程度精確に主張することができ、示談の交渉で有利な立場に立つことができます。 2つ目は加害者の身元を確認しておくことです。名刺などを入手し、連絡先を把握しておき…

  • 医療過誤の調査~カルテ開示請求や証拠保全手続きについて~

    医療過誤の調査には、カルテ開示請求や証拠保全の手続きが欠かせません。診療に関する情報は、患者側よりも医療機関側が多く保持しており、これらの証拠を引き出さなければ医療過誤の責任を追及していくことは難しいのです。 カルテや医療記録等の証拠をおさえるためには、方法が2つあります。1つ目は、カルテ(診療情報)開示請求をす…

  • 医療過誤の調査~カルテ開示請求や証拠保全手続きについて~

    医療過誤の調査には、カルテ開示請求や証拠保全の手続きが欠かせません。診療に関する情報は、患者側よりも医療機関側が多く保所持しており、これらの証拠を引き出さなければ医療過誤の責任を追及していくことは難しいのです。 カルテや医療記録等の証拠をおさえるための方法は、2つあります。1つ目は、カルテ(診療情報)開示請求をす…

  • 勤務先会社が賃金を支払わない場合、どうすればよいか?

     まず、未払いの賃金を請求する前提として、賃金算定の裏付けとなる資料(証拠)を確保することが大切です。賃金算定の裏付けとなる資料としては、給与明細や給与規定等があります。また、残業代不払いのケースでは、労働時間の実績を明らかにするためのタイムカードや業務記録等も大切な証拠となります。退職金不払いのケースでは、退職…

  • 勤務先から突然「解雇する」と言われた場合、どうすればよいか

    大切な証拠となりますので、必ず書面でもらうようにしましょう。3 離職票を受け取った時に注意すべき点 会社から離職票を渡された時には、まず「離職理由」欄を確認してください。「解雇」による退職であるにもかかわらず、「労働者の判断によるもの」、つまり、従業員の自己都合による退職であると記載されていることがあります。 退…

  • 総会決議取消しの訴えにかかる訴えの利益を認めた最高裁判決

      ア 事業協同組合の理事を選出する選挙(先行の選挙)の取消しを求める訴えの係属中に、後行の選挙が行われ、新たに理事又は監事が選出された場合であっても、理事を選出する先行の選挙を取り消す旨の判決が確定したときは、先行の選挙は初めから無効であったものとみなされるから、その選挙(先行の選挙)で選出された理事によって構…

  • 残業代請求を行うには

    そのために、証拠を収集していくことが不可欠です。例えば、就業規則や採用条件確認書の記載や、パソコンのログインログアウト時間、会社の電話の通話履歴の時間を記録などの手がかりを押さえておくことが重要です。残業代請求の方法としては、いきなり裁判になるのではなく、労働審判や示談交渉の方法もあります。まずは弁護士に相談して…

  • 交通事故発生から解決までの流れ

    また、警察に連絡することで証拠の保全をすることができます。これにより交通事故の解決手段としての損害賠償請求や示談交渉に際してより客観的な証拠による有利な主張・交渉をすることができます。 最後に、病院には行っておいた方がいいでしょう。ケガをしている場合には言うまでもないとしても、たとえ自覚的な症状がなくとも病院には…

  • 医療過誤訴訟の主な流れ

    まずは、訴訟や話し合いで、医療機関側に過失があったことを根拠をもって主張していくために、証拠収集や調査をしていくことになります。カルテを開示すること、医学書や文献を収集すること、協力してくれる医師から意見を聴取すること、医療機関側に説明を求めることなどです。これらを分析して、医療過誤があったのか、それを認定できる…

  • 医療機関との示談交渉

    このような場合は、過失を立証するためにさらに証拠を集めることや、医師に説明を求めることが考えられます。 また、過失を認めたとしても、損害賠償金の支払いに応じない場合があります。裁判を起こされても構わないという場合や、損害賠償額の金額が低く裁判を起こされることはないだろうと考えられていることが理由です。 医療機関側…

  • 医療過誤・医療事故を疑ったときは

    医療ミスを疑う姿勢で追及すると、病院側も萎縮して情報を十分に開示してくれなくなったり、責任を逃れるために弁解的な記載をする可能性、証拠資料となるものを廃棄・隠匿するおそれが生じるからです。患者としての純粋な疑問であれば、医師も説明をしてくださるでしょうから、うまくコミュニケーションをとることが重要です。医師に説明…

  • 医療過誤を疑ったときは

    医療ミスを疑う姿勢で追及すると、病院側も萎縮して情報を十分に開示してくれなくなったり、責任を逃れるために弁解的な記載をする可能性、証拠資料となるものを廃棄・隠匿するおそれが生じるからです。患者としての純粋な疑問であれば、医師も説明をするでしょうから、うまくコミュニケーションをとることが重要です。医師に説明を求める…

  • 医療過誤事案の解決までの手続の流れ

    そのような場合、裁判官とともに、抜き打ち的に相手方病院に行ってカルテ等のコピーをとる、「証拠保全」という手続をすることもあります。3. 協力医師も医療ミスを認める場合、病院に対して損害賠償を求めるために、示談交渉をするか、裁判所で訴訟を提起することとなります。 示談交渉をしても病院が損害賠償に応じない場合、損害賠…

  • 交通事故にあったときにすべきこと

    また、警察に連絡することで証拠の保全をすることができます。これにより損害賠償請求に際して、より客観的な証拠に基づいて主張・交渉をすることができます。 最後に、病院には行っておいた方がよいでしょう。ケガをしている場合には言うまでもないとしても、たとえ自覚的な症状がなくとも病院には行っておくべきです。⑵どのように交通…

  • 遺産分割協議 岡山県 弁護士 相談

    大切な証拠となりますので…交通事故での信号サイクルの活用 また、弁護士に依頼して、弁護士会を通して照会することにより、更に詳しく信号サイクルを調べることも可能です。4 信号サイクル表の見方 「信号サイクル表」には、概ね次のような図及び表が記載されています。→信号サイクル表のサンプル上記サンプルの信号サイクル表の見…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です