病院 カルテ 開示

  • 医療過誤の調査~カルテ開示請求や証拠保全手続きについて~

    医療過誤の調査には、カルテ開示請求や証拠保全の手続きが欠かせません。診療に関する情報は、患者側よりも医療機関側が多く保持しており、これらの証拠を引き出さなければ医療過誤の責任を追及していくことは難しいのです。 カルテや医療記録等の証拠をおさえるためには、方法が2つあります。1つ目は、カルテ(診療情報)開示請求をす…

  • 医療過誤の調査~カルテ開示請求や証拠保全手続きについて~

    医療過誤の調査には、カルテ開示請求や証拠保全の手続きが欠かせません。診療に関する情報は、患者側よりも医療機関側が多く保所持しており、これらの証拠を引き出さなければ医療過誤の責任を追及していくことは難しいのです。 カルテや医療記録等の証拠をおさえるための方法は、2つあります。1つ目は、カルテ(診療情報)開示請求をす…

  • 医療過誤訴訟の主な流れ

    カルテ開示すること、医学書や文献を収集すること、協力してくれる医師から意見を聴取すること、医療機関側に説明を求めることなどです。これらを分析して、医療過誤があったのか、それを認定できるほどの証拠が集まるかどうかを判断します。訴訟や話し合いをしても十分戦えそうだというときには、実際に相手方との交渉に移ります。相手…

  • 医療過誤・医療事故を疑ったときは

    医療ミスを疑う姿勢で追及すると、病院側も萎縮して情報を十分に開示してくれなくなったり、責任を逃れるために弁解的な記載をする可能性、証拠資料となるものを廃棄・隠匿するおそれが生じるからです。患者としての純粋な疑問であれば、医師も説明をしてくださるでしょうから、うまくコミュニケーションをとることが重要です。医師に説明…

  • 医療過誤を疑ったときは

    医療ミスを疑う姿勢で追及すると、病院側も萎縮して情報を十分に開示してくれなくなったり、責任を逃れるために弁解的な記載をする可能性、証拠資料となるものを廃棄・隠匿するおそれが生じるからです。患者としての純粋な疑問であれば、医師も説明をするでしょうから、うまくコミュニケーションをとることが重要です。医師に説明を求める…

  • 医療過誤事案の解決までの手続の流れ

    それまでの相手方病院での診療の経過をお聞きします。 その上で、医療ミスが考えられる場合、次の医療調査の段階に進みます。2. カルテ・レントゲン・CT等の診療に関する記録を相手方病院から取り寄せた上で、協力してくれる医師に医療ミスの有無について意見を聞きます。協力する医師も医療ミスを認める場合、次の示談交渉または損…

  • 遺産分割協議 岡山県 弁護士 相談

    医療過誤の調査~カルテ開示請求や証拠保全手続きについて~ 広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣県の皆さまも含みます)の医療過誤、医療ミス、交通事故、企業法務、相続問題を中心に、あらゆるお悩みの相談やトラブル解決を承ります。お客様に対しては…

  • 交通事故での信号サイクルの活用

    事故発生時点の信号サイクルを調べるには、各都道府県の警察本部等に対して、情報公開条例に基づき、「信号サイクル表」の開示を請求する必要があります。また、弁護士に依頼して、弁護士会を通して照会することにより、更に詳しく信号サイクルを調べることも可能です。4 信号サイクル表の見方 「信号サイクル表」には、概ね次のような…

  • B型肝炎給付金請求訴訟の提起時の注意点

     このような場合、その患者さんは、ケース①(がんの発症から20年を経過していない)として、給付金請求訴訟を提起しますが、実際には21年前の入院時のカルテには、がんであることが記載されています(給付金請求訴訟では、これまでの全ての入院時の医療記録[若しくは退院時要約]を提出することとされます)。このため、21年前の…

  • 示談交渉について

    4つ目は、病院に行くことです。交通事故で傷害を負った場合は言うまでもありませんが、自覚的な症状がない場合でも病院に行き、診断書を作成してもらいましょう。もしかすると、自覚症状はないが後遺症が生じているかもしれません。損害賠償を得ることも大事ですが、自らの身体を保護することはそれ以上に大事です。横谷法律特許事務所で…

  • 交通事故発生から解決までの流れ

    最後に、病院には行っておいた方がいいでしょう。ケガをしている場合には言うまでもないとしても、たとえ自覚的な症状がなくとも病院には行っておくべきです。⑵どのように交通事故は解決されるか 交通事故は大概の場合加害者が被害者に対して損害賠償をする形で解決されます。被害者が損害賠償を得る手段として損害賠償請求訴訟などの裁…

  • 医療機関との示談交渉

    そこで、大抵の場合、病院に被害を訴えるファーストステップとして、示談交渉をする場合が多いです。 示談交渉は、直接医療機関に、損害賠償請求を求める書面を送ることで行います。交渉の中で、診療内容について説明会が開かれたり、医師に説明を求めることもあります。示談交渉をしても、医療機関側が示談に応じない場合もあります。

  • 医師の説明義務違反

    説明がされていたかどうかは、カルテに「患者に説明をした」という記載があるかどうかや、患者やそのお家族に説明書を配布したか、などから判断されます。 実際に、医師側に説明義務が肯定されるか、説明義務があるとしてその違反があるかどうかは個別のケースによって異なります。また説明義務違反だけを訴えるというよりは、治療行為の…

  • 医師の説明義務違反

    説明が尽くされたかどうかは、カルテに「患者に説明をした」という記載があるかどうかや、患者やその家族に説明書を配布したか、などから判断されます。 実際に、医師側の説明義務が肯定されるか、説明義務があるとしてその違反があるかどうかは個別のケースによって異なります。また説明義務違反だけを訴えるというよりは、治療行為のト…

  • 死因解明提案義務

    例えば、患者の状態が急変したとき、病院が何の対応もしないまま、患者が死亡したとします。このような場合、裁判で医療過誤を理由とする損害賠償請求が認められるためには、患者の遺族(患者側)が、患者が死亡した原因(死因)を証明する必要があります。なぜならば、裁判で「医療過誤があったこと」を証明するには、病院が「○○をすべ…

  • 交通事故にあったときにすべきこと

    最後に、病院には行っておいた方がよいでしょう。ケガをしている場合には言うまでもないとしても、たとえ自覚的な症状がなくとも病院には行っておくべきです。⑵どのように交通事故は解決されるか 交通事故は大概の場合加害者が被害者に対して損害賠償をする形で解決されます。被害者が損害賠償を得る手段として損害賠償請求訴訟などの裁…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です