生命保険 請求 期限

  • B型肝炎給付金請求訴訟の提起時の注意点

    改正「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」(以下、「特別措置法」といいます)が本年8月1日より施行され(予定)、給付金請求期限が5年間延長されるとともに、死亡又は発症後、提訴までに20年を経過した「死亡・肝がん・肝硬変」の患者等に対する給付金額が、新たに定められました(特別措置法第6条1…

  • 勤務先会社が賃金を支払わない場合、どうすればよいか?

     まず、未払いの賃金を請求する前提として、賃金算定の裏付けとなる資料(証拠)を確保することが大切です。賃金算定の裏付けとなる資料としては、給与明細や給与規定等があります。また、残業代不払いのケースでは、労働時間の実績を明らかにするためのタイムカードや業務記録等も大切な証拠となります。退職金不払いのケースでは、退職…

  • 勤務先から突然「解雇する」と言われた場合、どうすればよいか

    ②賃金請求訴訟 解雇されて以降未払いとなっている賃金について、その間就労していなかったとしても、その支払いを求める訴訟です。 通常は、一つの訴訟で、従業員としての地位の確認を求めるとともに、未払賃金を請求します。(3) 仮処分 解雇の効力を争って復職を求める場合、いきなり訴訟を起こすのではなく、従業員としての地位…

  • 交通事故での信号サイクルの活用

    事故発生時点の信号サイクルを調べるには、各都道府県の警察本部等に対して、情報公開条例に基づき、「信号サイクル表」の開示を請求する必要があります。また、弁護士に依頼して、弁護士会を通して照会することにより、更に詳しく信号サイクルを調べることも可能です。4 信号サイクル表の見方 「信号サイクル表」には、概ね次のような…

  • 隣の崖の所有者に防護擁壁の設置を求められるか?

     「(土砂崩れなどの)危険が相隣地(隣接する土地)の関係にある場合に、それが土地崩落を内容とするものであり、しかも隣接土地所有者の人為的作為に基づくものでないときには、(急傾斜地所有者に対して危険防止の措置の)請求をなし得ない」 「このような場合には、むしろ土地相隣関係の調整の立場から・・・相隣地所有者が共同の費…

  • 総会決議取消しの訴えにかかる訴えの利益を認めた最高裁判決

     ⑵ 平成28年5月にY協同組合の通常総会で同組合の役員(理事及び監事)の選挙(この総会での理事、監事の選挙を、それぞれ以下、「本件選挙1」、「本件選挙2」といいます)が行われましたが、定足数を満たさなかったことから、Xは、上記役員選挙の取消しを求める訴えを提起しました(以下、この訴えの係る請求を「本件取消請求」…

  • 労働災害に遭った場合の対応

    給付手続きとしては、労働者か遺族が労基署長に給付を請求し労基署長が決定します。 労災保険請求が認められるには、災害が「業務上」のものであることが必要です(労災保険法7条1項1号)。業務中であれば、あまり問題にならないのですが、通勤災害、休憩中や、出張、社外行事中などは問題になることもあります。例えば、通勤中で…

  • 残業代請求を行うには

    残業代請求の方法としては、いきなり裁判になるのではなく、労働審判や示談交渉の方法もあります。まずは弁護士に相談してみてください。横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣県の皆さまも含みま…

  • 不当解雇、退職勧奨をされた場合の対応

    このように、違法となるかどうか、何が請求できるかは個別のケースによって異なりますから、解雇や退職勧奨に納得がいかない場合は、弁護士に相談し、専門的な観点からアドバイスを受けるべきだといえます。横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医…

  • 遺留分侵害額請求とは

    ■遺留分侵害額請求(旧:遺留分減殺請求)とは 遺留分とは、民法に定められた各相続人に保障される相続割合のことをいいます。 そして、遺留分侵害額請求とは、遺贈や生前の財産転移などにより認められる遺留分が侵害されてしまった場合に、事前に財産を受け取っていた人間に遺留分を請求することをいいます。■遺留分侵害額請求の流れ…

  • 遺産分割協議が必要な場合

    亡くなった方の預貯金を相続し、銀行に払い戻しを請求する場合には、遺産分割協議書が存在することで払い戻しをする安全性を担保する必要があるため、遺産分割協議書が必要となることが考えられます。・自動車や株の名義変更を行う場合上述したケース以外にも、相続に関するトラブルが生じてしまうことは考えられます。そのため、トラブル…

  • 相続手続きの流れ

    ■相続手続きの流れ 亡くなった方の相続を開始するには、様々な手続きが必要です。 以下に、その流れを簡単にご説明します。①死亡日から一週間以内に行うこと ②死亡日から二週間以内に行うこと ③死亡日から三か月以内に行うこと 公正証書遺言や、法務省によって管理された遺言でない遺言書である場合には、遺言書を補償…

  • 会社訴訟・紛争対応

    会社訴訟には私人と同様の通常の民事訴訟(不法行為などの損害賠償請求訴訟など)と会社法に規定されている企業固有の訴訟があります。会社固有の訴訟とは具体的には会社の取引先との紛争や会社と従業員との紛争、会社と株主、役員などの間での紛争(株主代表訴訟や退職慰労金請求訴訟、取締役の責任に関する訴訟)等が挙げられます。会社…

  • 相手方が任意保険等未加入だった場合

    交通事故によりケガの治療費や車の修理費を基本的に相手方の保険会社に請求することになります。しかし、相手方が無保険の場合もありえます。このような場合にどうすれば良いのか、考えていきます。原則として、自動車運転者は自賠責保険に強制加入されます。この保険は自動車損害賠償法(自賠法)という法律に基づくもので、加入していな…

  • 交通事故被害に遭った時に請求できる損害賠償

    交通事故に遭った被害者は損害賠償請求をすることができます。しかし、損害といっても様々なものがあります。例えば交通事故により破損した車の損害と被害者が負った後遺障害という損害です。これらは同じ「損害」ですが法律上は別個にして考えられる損害です。このように別個に損害を考えることは、損害賠償請求をする際の請求賠償額を算…

  • 示談交渉について

    人身事故にあった際に、事故の相手方(加害者)に対して車の修理費・傷害の治療費・慰謝料などを請求するように交渉することが大事になってきます。これがいわゆる示談交渉というものです。なぜこの示談交渉が大事であるかというと、自動車事故の場合には加害者が加入する保険会社により賠償額が算定され、自分では納得できないような賠償…

  • 交通事故発生から解決までの流れ

    これにより交通事故の解決手段としての損害賠償請求や示談交渉に際してより客観的な証拠による有利な主張・交渉をすることができます。 最後に、病院には行っておいた方がいいでしょう。ケガをしている場合には言うまでもないとしても、たとえ自覚的な症状がなくとも病院には行っておくべきです。⑵どのように交通事故は解決されるか

  • 医療機関との示談交渉

    示談交渉は、直接医療機関に、損害賠償請求を求める書面を送ることで行います。交渉の中で、診療内容について説明会が開かれたり、医師に説明を求めることもあります。示談交渉をしても、医療機関側が示談に応じない場合もあります。示談に応じないとしては次のような理由が考えられます。 一つは、医療機関側が過失を認めないことです。…

  • 医師の説明義務違反

    また説明義務違反だけを訴えるというよりは、治療行為のトラブルとともに併せて請求していくケースがほとんどです。もし医療過誤やトラブルでお悩みの方は弁護士に相談してみてください。横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山…

  • 医療過誤の調査~カルテ開示請求や証拠保全手続きについて~

    医療過誤の調査には、カルテ開示請求や証拠保全の手続きが欠かせません。診療に関する情報は、患者側よりも医療機関側が多く保持しており、これらの証拠を引き出さなければ医療過誤の責任を追及していくことは難しいのです。 カルテや医療記録等の証拠をおさえるためには、方法が2つあります。1つ目は、カルテ(診療情報)開示請求をす…

  • 医療過誤・医療事故を疑ったときは

    損害賠償請求権には消滅時効があるため、あまり時間が経ってしまうと請求をすることができません。横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣県の皆さまも含みます)の医療過誤、医療ミス、交通事故、…

  • 医療過誤の調査~カルテ開示請求や証拠保全手続きについて~

    医療過誤の調査には、カルテ開示請求や証拠保全の手続きが欠かせません。診療に関する情報は、患者側よりも医療機関側が多く保所持しており、これらの証拠を引き出さなければ医療過誤の責任を追及していくことは難しいのです。 カルテや医療記録等の証拠をおさえるための方法は、2つあります。1つ目は、カルテ(診療情報)開示請求をす…

  • 医師の説明義務違反

    また説明義務違反だけを訴えるというよりは、治療行為のトラブルとともに併せて請求していくケースがほとんどです。横谷法律特許事務所は、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市、山口県や岡山県、愛媛県など近隣県などにお住まいの皆さまの医療過誤などあらゆるお悩みの相談やトラブル解決を承りま…

  • 死因解明提案義務

    このような場合、裁判で医療過誤を理由とする損害賠償請求が認められるためには、患者の遺族(患者側)が、患者が死亡した原因(死因)を証明する必要があります。なぜならば、裁判で「医療過誤があったこと」を証明するには、病院が「○○をすべきだった」にもかかわらず、それをしなかったことを、証明しなければなりません。そして、病…

  • 医療過誤事案の解決までの手続の流れ

    協力する医師も医療ミスを認める場合、次の示談交渉または損害賠償請求訴訟の段階に進みます。 なお、診療に関する記録を相手方病院から取り寄せるにあたって、病院がカルテを改ざんするおそれがあることがあります。そのような場合、裁判官とともに、抜き打ち的に相手方病院に行ってカルテ等のコピーをとる、「証拠保全」という手続をす…

  • 交通事故にあったときにすべきこと

    これにより損害賠償請求に際して、より客観的な証拠に基づいて主張・交渉をすることができます。 最後に、病院には行っておいた方がよいでしょう。ケガをしている場合には言うまでもないとしても、たとえ自覚的な症状がなくとも病院には行っておくべきです。⑵どのように交通事故は解決されるか 交通事故は大概の場合加害者が被害者に対…

  • 示談交渉での注意点

    示談交渉の際に大切な点は、損害賠償としてどの程度の金額を請求することができるかを知ることです。交通事故では、事故の形態、ケガの程度、後遺障害が残った場合はその程度などにより、どの程度の金額の損害賠償請求をできるかが、これまでの裁判例などにより、だいたい決まっています。このような標準的な請求金額(いわゆる「相場」で…

  • 交通事故により生じる損害の種類

    交通事故に遭った被害者は損害賠償請求をすることができます。しかし、損害といっても様々なものがあります。法律上、損害は、財産的損害と精神的損害に分けられます。交通事故により生じる損害を、財産的損害・精神的損害で区分すると、以下のようになります。○財産的損害 ・治療費…… ・葬儀費用…… ・休業損害…… ・後遺症逸失…

  • 相手方が任意保険に未加入だった場合

    交通事故によるケガの治療費や車の修理費は、基本的に相手方の加入する保険会社に請求することになります。しかし、相手方が任意加入保険(任意保険)に加入していない場合もありえます。このような場合にどうすればよいのでしょうか。原則として、自動車運転者は自賠責保険に強制加入されます。この保険は自動車損害賠償法(自賠法)とい…

  • 相続手続きの流れ

    4 遺留分侵害額の請求 遺留分を侵害された相続人は、遺留分侵害額の請求をすることができます。以上の手続きは複雑で時間や労力、専門的知識を要する場面も多いため、お困りの際は弁護士や司法書士といった専門機関に一度相談されることをおすすめします。横谷法律特許事務所は、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、…

  • 遺言の作成、書き換え、効果

    3 ある相続人の遺留分を侵害するような遺言を作成すると、遺留分を侵害された相続人は、遺留分侵害額の請求をすることができます。このような紛争を生じさせないためには、相続人の遺留分を侵害することのないような遺言を作成することが望まれます。 遺言書の作成については、当事務所にお任せ下さい。横谷法律特許事務所は、広島市中…

  • 遺留分侵害額請求とは

    ■遺留分侵害額請求(旧:遺留分減殺請求)とは 遺留分とは、民法に定められた各相続人に保障される相続分のことをいいます。 そして、遺留分侵害額請求とは、遺贈や生前贈与などにより、本来取得できた相続分を取得できなくなってしまった(遺留分が侵害された)場合に、遺贈や生前贈与を受けた者に対して、侵害された遺留分に相当する…

  • 遺産分割協議 岡山県 弁護士 相談

    残業代請求を行うには まずは弁護士に相談してみてください。横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣県の皆さまも含みます)の医療過誤、医療ミス、交通事故、企業法務、相続問題を中心に、あらゆ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です