死亡 慰謝料

  • 労働災害に遭った場合の対応

    労働中に傷病や死亡など、労働災害に遭ってしまった場合、その治療費や賠償金などを取るために、労災保険などから補償が得られることがあります。第1に、労災保険法上の給付を受けることができます。会社は強制的に労災保険に加入していますので、どなたでも受けることができます。給付手続きとしては、労働者か遺族が労基署長に給付を…

  • 交通事故被害に遭った時に請求できる損害賠償

    いわゆる慰謝料というものです。 一般的に損害賠償請求で請求されるものを財産的損害・精神的損害で区分してみると、以下のようになります。○財産的損害 ・治療費…… ・葬儀費用…… ・休業損害…… ・後遺症逸失利益…… ・死亡逸失利益など……また、財産的損害は交通事故により支出した・そして支出するであろう損害である積極…

  • 交通事故により生じる損害の種類

    死亡逸失利益など……○精神的損害 ・入通院慰謝料……治療のために入通院したことによる精神的損害に対する慰謝料のことです。 ・後遺障害慰謝料……治療完治後も、機能障害などによる精神的損害に対する慰謝料のことです。 ・死亡慰謝料……被害者が死亡したことによる精神的損害に対する慰謝料です。そして、得られるべき損害賠償…

  • B型肝炎給付金請求訴訟の提起時の注意点

    改正「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」(以下、「特別措置法」といいます)が本年8月1日より施行され(予定)、給付金請求の期限が5年間延長されるとともに、死亡又は発症後、提訴までに20年を経過した「死亡・肝がん・肝硬変」の患者等に対する給付金額が、新たに定められました(特別措置法第6条1…

  • 東名あおり運転判決について

    同日午後9時36分頃、停止していた被害車両の後方から大型トラックが追突し、A及びBを死亡させる等した。第2 判決要旨 1 直前停止行為について 被告人が被害車両の直前で自車を停止させた行為、すなわち、「時速0㎞で停止することが、一般的・類型的に衝 突により大きな事故が生じる速度又は大きな事故にな…

  • 遺留分侵害額請求とは

    遺留分侵害額請求については、被相続人の死亡日(相続の開始を知った日)から1年以内にその請求権利が時効によって消滅してしまうため、請求をお考えの方はお早めに準備されることが重要です。■遺留分侵害額請求と弁護士 遺留分侵害額請求とは、相続に関してのお金のトラブルです。そのため、なかなか相手との交渉がしにくかったり、交…

  • 相続手続きの流れ

    死亡日から一週間以内に行うこと ②死亡日から二週間以内に行うこと ③死亡日から三か月以内に行うこと 公正証書遺言や、法務省によって管理された遺言でない遺言書である場合には、遺言書を補償するために裁判所によって遺言書を調査・検認してもらう手続きが必要となります。・相続人の確定 相続人の確定にあたっては、…

  • 相手方が任意保険等未加入だった場合

    特に人身傷害保険(特約)に加入している場合は契約に基づき一定額の治療費・慰謝料を受け取ることができます。 第2に、交通事故の相手方に対して損害賠償請求をすることです。方法は様々ありますが、まずが内容証明郵便を送り、示談をする。そして示談がうまくいかなかった場合は調停や訴訟など裁判所を利用する、ということになります…

  • 示談交渉について

    人身事故にあった際に、事故の相手方(加害者)に対して車の修理費・傷害の治療費・慰謝料などを請求するように交渉することが大事になってきます。これがいわゆる示談交渉というものです。なぜこの示談交渉が大事であるかというと、自動車事故の場合には加害者が加入する保険会社により賠償額が算定され、自分では納得できないような賠償…

  • 死因解明提案義務

    例えば、患者の状態が急変したとき、病院が何の対応もしないまま、患者が死亡したとします。このような場合、裁判で医療過誤を理由とする損害賠償請求が認められるためには、患者の遺族(患者側)が、患者が死亡した原因(死因)を証明する必要があります。なぜならば、裁判で「医療過誤があったこと」を証明するには、病院が「○○をすべ…

  • 示談交渉での注意点

    交通事故にあった際に、事故の相手方(加害者)に対して車の修理費・傷害の治療費・慰謝料などを支払うように交渉することが、「示談交渉」です。示談交渉の際に大切な点は、損害賠償としてどの程度の金額を請求することができるかを知ることです。交通事故では、事故の形態、ケガの程度、後遺障害が残った場合はその程度などにより、どの…

  • 相手方が任意保険に未加入だった場合

    特に人身傷害保険(特約)に加入している場合は、契約に基づき一定額の治療費・慰謝料を受け取ることができます。 ご自身が勤務中に事故にあわれたのであれば、労災保険が適用されます。 また、相手方が勤務中に起こした事故であれば、相手方の勤務先会社に損害賠償請求することも考えられます(使用者責任)。横谷法律特許事務所は、広…

  • 遺留分侵害額請求とは

    遺留分侵害額請求権は、相続の開始(被相続人の死亡)と遺留分を侵害する贈与または遺贈のあったことを知った時から1年以内に行使しないときは、時効によって消滅します。したがって、請求をお考えの方はお早めに準備されることが重要です。■遺留分侵害額請求と弁護士 遺留分侵害額請求は、相続に関してのお金のトラブルです。また、請…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です