株主代表訴訟 と は

  • 会社訴訟・紛争対応

    会社訴訟、会社が関係するあらゆる訴訟のこを指します。会社訴訟に私人同様の通常の民事訴訟(不法行為などの損害賠償請求訴訟など)会社法に規定されている企業固有の訴訟があります。会社固有の訴訟具体的に会社の取引先の紛争や会社従業員の紛争、会社株主、役員などの間での紛争(株主代表訴訟や退職慰労金…

  • 勤務先会社が賃金を支払わない場合、どうすればよいか?

     まず、未払いの賃金を請求する前提して、賃金算定の裏付けなる資料(証拠)を確保するこが大切です。賃金算定の裏付けなる資料して、給与明細や給与規定等があります。また、残業代不払いのケースで、労働時間の実績を明らかにするためのタイムカードや業務記録等も大切な証拠なります。退職金不払いのケースで、退職…

  • 勤務先から突然「解雇する」と言われた場合、どうすればよいか

     解雇、会社(使用者)が一方的に労働契約(雇用契約)を解約するこです。 合理的な理由なく、会社が従業員を解雇するこ、認められません(労働契約法16条)。 また、会社の業績の悪化を理由する、いわゆる整理解雇の場合、次の4つの要件を満たさなければ、解雇認められないされています。① 人員削減の必要性が…

  • 交通事故での信号サイクルの活用

    1 信号サイクルが必要なる場面? 例えば、信号機のある交差点を直進中、同じ交差点に、右方向あるい左方向から赤信号を無視をして進入してきた相手方車に衝突されるいう交通事故に遭ったします。ころが、事故の相手方、「自分の対面信号青だった」言い張ります。 このような場合、目撃者の証言が得られる等して、…

  • 所有者が不明な不動産の対応

     現在、所有者が分からない土地や空き家が増えているこが問題され、新聞等でも取り上げられるようになっています。 「共有地を売却したいけれど、共有者の1人の所在がわからない」、「土地の境界確認をしたいけれど、隣地の所有者が誰かわからない」等、所有者不明の不動産に関わるこなった場合、どのように対処すればよいでし…

  • 隣の崖の所有者に防護擁壁の設置を求められるか?

     平成30年7月豪雨で、土砂崩れにより多くの被害が発生しました。このため、崖、急傾斜地に隣接する宅地等の所有者が、崖の所有者に対して、新たに土砂崩れ防止のための擁壁の設置を求めるこもあります。この度の豪雨の後、私も、崖の下の宅地・住宅の所有者から何百万円もかかる防護擁壁を設置するよう求められたいう、崖地の所…

  • B型肝炎給付金請求訴訟の提起時の注意点

    改正「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」(以下、「特別措置法」いいます)が本年8月1日より施行され(予定)、給付金請求の期限が5年間延長されるもに、死亡又発症後、提訴までに20年を経過した「死亡・肝がん・肝硬変」の患者等に対する給付金額が、新たに定められました(特別措置法第6条1…

  • 東名あおり運転判決について

     平成30年12月14日横浜地裁、東名高速道路でのあおり運転事件について、危険運転致死傷罪の成立を認める判決(以下、「本件判決」いう)を出した。第1 事案の概要  被告人、平成29年6月5日午後9時33分頃、東名高速のパーキングエリアで被害者Aに駐車方法を非難されたこに憤慨し、同人が乗車する被害者B運転の…

  • 風邪の症状のある従業員を休ませる場合、会社は、休業手当を払う必要があるか?

     現在、感染防止のため、発熱等の風邪の症状がある従業員、会社を休むこが望ましいされています。 そのような従業員が自主的に休めば問題ありませんが、そうでなく、会社の指示で休ませる場合、会社、休業手当(労働基準法26条)を支払う必要があるでしょうか。 労働基準法26条によれば、「使用者の責に帰すべき事由によ…

  • 総会決議取消しの訴えにかかる訴えの利益を認めた最高裁判決

    総会決議取消しの訴えにかかる訴えの利益について、いわゆる「瑕疵連鎖説」(最高裁平成2年4月17日判決)を前提して、最高裁昭和45年4月2日判決異なる最高裁判決がなされました。私が担当した事件で、先日、最高裁の判決が言い渡されましたので、紹介致します。1 事案 ⑴ 上告人X(私の依頼者)、中小企業等協同組合…

  • 労働災害に遭った場合の対応

    労働中に傷病や死亡など、労働災害に遭ってしまった場合、その治療費や賠償金などを取るために、労災保険などから補償が得られるこがあります。第1に、労災保険法上の給付を受けるこができます。会社強制的に労災保険に加入していますので、どなたでも受けるこができます。給付手続きして、労働者か遺族が労基署長に給付を…

  • 残業代請求を行うには

    残業代、実労働時間が所定労働時間また法定労働時間を超えた場合に、通常賃金分を超えて支払わねばならない賃金のこで、労働基準法37条に定められています。法定労働時間、労働基準法32条に定められている基準のこで、1週・1日の労働時間を原則週40時間かつ1日8時間を超えたきに残業代が発生します。また、休日労…

  • 不当解雇、退職勧奨をされた場合の対応

    解雇、使用者が一方的に労働契約を解約するこをいいます。一方退職勧奨、労働者が自ら退職するように呼びかけるものです。解雇に以下の通りても強い法的規制がありますから、この適用を避けるために退職勧奨が行われるこがあります。解雇労働者の地位を奪うものですから、法的にても厳しい制限がされています。労働契…

  • 遺留分侵害額請求とは

    ■遺留分侵害額請求(旧:遺留分減殺請求) 遺留分、民法に定められた各相続人に保障される相続割合のこをいいます。 そして、遺留分侵害額請求、遺贈や生前の財産転移などにより認められる遺留分が侵害されてしまった場合に、事前に財産を受け取っていた人間に遺留分を請求するこをいいます。■遺留分侵害額請求の流れ…

  • 相続放棄とは

    相続財産に、以下の2種類が存在します。・積極財産 積極財産、家や車、株など、持っているだけで所有者にって経済的にプラスになるような財産のこをいいます。・消極財産 消極財産、主に借金のこをいい、持っている所有者にって経済的にマイナスになるような財産のこをいいます。相続に当たって、積極財産を相…

  • 遺言書の種類と効果

    遺言書、主に三種類の遺言書が存在します。・自筆証書遺言 遺言者が自ら遺言内容を記入し、押印をする簡単な遺言の作成方法です。 ただし、自筆証書遺言や秘密証書遺言について家庭裁判所で遺言書の状態や内容を確認して保管してもらう「検認」いう手続きが必要なります。 もっも、2020年7月の改正により、自筆証書遺言…

  • 遺産分割協議が必要な場合

    ■遺産分割協議 遺産分割協議、各相続人に対してそれぞれ個別の財産の帰属分を確定するために各相続人が全員で協議を行うこをいいます。■遺産分割協議が必要なる場合 こうした遺産分割協議が必要なるの、以下のような場合が考えられます。・相続人の間でトラブルを防止したい場合 遺産分割協議について、相続人の全…

  • 相続手続きの流れ

    亡くなった方の相続を開始するに、様々な手続きが必要です。 以下に、その流れを簡単にご説明します。①死亡日から一週間以内に行うこ ②死亡日から二週間以内に行うこ ③死亡日から三か月以内に行うこ 公正証書遺言や、法務省によって管理された遺言でない遺言書である場合に、遺言書を補償するために裁判所によ…

  • 企業倒産・企業再生対応

    企業が倒産に陥ってしまった場合、すなわち、債務超過や赤字などによって事業が立ちいかなくなってしまった場合に企業が取りうる手段企業再生を試みるか、清算をするこの二つの手段があります。 企業再生、倒産状況にある会社を再建させるこを言います。企業再生に法的再生(法的整理)私的再生(私的整理)があります。

  • 企業が行うべきコンプライアンス(法令順守)対策

    企業コンプライアンス(法令遵守)、企業が法律などの規則や社会的倫理や道徳などの基本ルールに従って活動していくこを言います。 企業がコンプライアンス違反をしてしまう、社会的な信用を失い、顧客離れが生じたり、損害の賠償に追われて赤字なってしまったり、場合によって倒産や破産に追い込まれてしまうこもあります…

  • 契約書作成とリーガルチェックの必要性

    契約書のリーガルチェック、契約書作成に際して弁護士が法的観点から確認するこを言います。 契約書取引の基礎なる重要な書類です。もっも、一般的にインターネット等に掲載されている雛形に沿って契約書を書いてしまう当事者も多いです。しかし、契約書個々の取引内容や当事者の属性によって異なります。ですので、契約書…

  • 顧問契約

    顧問契約企業がある特定の分野においてノウハウや知識を持った専門家を経営において活用する目的で継続的な提携契約を締結するこを言います。顧問弁護士契約などがその例して挙げられます。 顧問契約多様な業務を内容する一般的な雇用契約異なり、特定の分野の業務のみが契約の対象なります。顧問契約のメリット専門分…

  • 相手方が任意保険等未加入だった場合

    交通事故によりケガの治療費や車の修理費を基本的に相手方の保険会社に請求するこになります。しかし、相手方が無保険の場合もありえます。このような場合にどうすれば良いのか、考えていきます。原則して、自動車運転者自賠責保険に強制加入されます。この保険自動車損害賠償法(自賠法)いう法律に基づくもので、加入していな…

  • 交通事故被害に遭った時に請求できる損害賠償

    交通事故に遭った被害者損害賠償請求をするこができます。しかし、損害いっても様々なものがあります。例えば交通事故により破損した車の損害被害者が負った後遺障害いう損害です。これら同じ「損害」ですが法律上別個にして考えられる損害です。このように別個に損害を考えるこ、損害賠償請求をする際の請求賠償額を算…

  • 示談交渉について

    現代において、自分のせいでなくも交通事故に巻き込まれ、傷害を負う可能性を誰しも有しています。人身事故にあった際に、事故の相手方(加害者)に対して車の修理費・傷害の治療費・慰謝料などを請求するように交渉するこが大事になってきます。これがいわゆる示談交渉いうものです。なぜこの示談交渉が大事であるかいう、自…

  • 交通事故発生から解決までの流れ

    現代において交通事故に遭う可能性誰しもが有しています。しかしながら交通事故に遭う何をしていいかわからない思う人が大多数でしょう。もし仕事などの急ぎの用がある中で交通事故に遭うより混乱するこ思います。様々な一度に問題が生じるためにパニックになってしまうこがあるわけです。この場合に交通事故の相手方に感…

  • 医療過誤訴訟の主な流れ

    まず、訴訟や話し合いで、医療機関側に過失があったこを根拠をもって主張していくために、証拠収集や調査をしていくこになります。カルテを開示するこ、医学書や文献を収集するこ、協力してくれる医師から意見を聴取するこ、医療機関側に説明を求めるこなどです。これらを分析して、医療過誤があったのか、それを認定できる…

  • 医療機関との示談交渉

    医療過誤などをめぐって医療機関トラブルになった場合、まずじめに行うの示談交渉です。示談、調停機関や裁判所を通さずに話し合いで解決を図る方法です。示談、裁判所を通さないため費用や手間も少ないですし、裁判より低い立証の程度でも話し合いがままる可能性があります。そこで、大抵の場合、病院に被害を訴えるファー…

  • 医師の説明義務違反

    医療でトラブルが起こった場合、多くの方医療過誤やミスなど、医師の過失を問題して訴えるイメージを持つ方が多いでしょう。しかし、医療過誤で、患者側医療機関側に、圧倒的な情報量の格差や、医療行為の難しさなどから、過失が認められるケース少ないいうのが現状です。そこで近年、医師の説明義務違反を併せて主張していく…

  • 医療過誤の調査~カルテ開示請求や証拠保全手続きについて~

    医療過誤の調査に、カルテ開示請求や証拠保全の手続きが欠かせません。診療に関する情報、患者側よりも医療機関側が多く保持しており、これらの証拠を引き出さなければ医療過誤の責任を追及していくこ難しいのです。 カルテや医療記録等の証拠をおさえるために、方法が2つあります。1つ目、カルテ(診療情報)開示請求をす…

  • 医療過誤・医療事故を疑ったときは

    医療過誤や医療ミスの可能性を疑ったきに、じめにしなければならないポイントや、注意するポイントに何があるでしょうか。まず、診療の過程を時系列にそって記録するこが重要です。患者様や、ご自身が診療にいった日や、手術をした日時、処方された薬など必ず記録しましょう。紙に記録するだけでなく、診断書や、薬の入ってい…

  • 医療過誤を疑ったときは

    医療過誤(医療ミス)の可能性を疑ったきに、じめにしなければならないポイントや、注意するポイントに何があるでしょうか。まず、診療の過程を時系列にそって記録するこが重要です。患者様や、ご自身が通院した日や、手術をした日時、処方された薬など必ず記録しましょう。紙に記録するだけでなく、診断書や、薬の入っていた…

  • 医療過誤の調査~カルテ開示請求や証拠保全手続きについて~

    医療過誤の調査に、カルテ開示請求や証拠保全の手続きが欠かせません。診療に関する情報、患者側よりも医療機関側が多く保所持しており、これらの証拠を引き出さなければ医療過誤の責任を追及していくこ難しいのです。 カルテや医療記録等の証拠をおさえるための方法、2つあります。1つ目、カルテ(診療情報)開示請求をす…

  • 医師の説明義務違反

    近年、医療過誤の主張もに、医師の説明義務違反を併せて主張していくケースが増えています。例えば、投薬の際に重篤な副作用があるこを説明していなかったために、投薬を拒否する選択を考えられなかった主張するこがあります。最高裁判所第三小法廷平成13年11月27日判決(最高裁判所民事判例集55巻6号1154頁)で

  • 死因解明提案義務

    医療過誤(医療ミス)が争点なる裁判で、医療過誤があったこを患者側が証明しなければなりません。 例えば、患者の状態が急変したき、病院が何の対応もしないまま、患者が死亡したします。このような場合、裁判で医療過誤を理由する損害賠償請求が認められるために、患者の遺族(患者側)が、患者が死亡した原因(死因)を…

  • 医療過誤事案の解決までの手続の流れ

    医療過誤が疑われた場合の、解決までの手続の流れ、以下のおりです。 1. それまでの相手方病院での診療の経過をお聞きします。 その上で、医療ミスが考えられる場合、次の医療調査の段階に進みます。2. カルテ・レントゲン・CT等の診療に関する記録を相手方病院から取り寄せた上で、協力してくれる医師に医療ミスの有無につ…

  • 交通事故にあったときにすべきこと

    現代において交通事故に遭う可能性誰にもありますが、交通事故に遭う何をしていいかわからない思う人が大多数でしょう。ここで、⑴交通事故にあったきに何をすればいいのか、⑵どのように交通事故解決されるかをそれぞれ見ていきましょう。⑴交通事故にあったきに何をすればいいのか まず、事故の相手方の名刺をもらいまし…

  • 示談交渉での注意点

    交通事故にあった際に、事故の相手方(加害者)に対して車の修理費・傷害の治療費・慰謝料などを支払うように交渉するこが、「示談交渉」です。示談交渉の際に大切な点、損害賠償してどの程度の金額を請求するこができるかを知るこです。交通事故で、事故の形態、ケガの程度、後遺障害が残った場合その程度などにより、どの…

  • 交通事故により生じる損害の種類

    交通事故に遭った被害者損害賠償請求をするこができます。しかし、損害いっても様々なものがあります。法律上、損害、財産的損害精神的損害に分けられます。交通事故により生じる損害を、財産的損害・精神的損害で区分する、以下のようになります。○財産的損害 ・治療費…… ・葬儀費用…… ・休業損害…… ・後遺症逸失…

  • 相手方が任意保険に未加入だった場合

    交通事故によるケガの治療費や車の修理費、基本的に相手方の加入する保険会社に請求するこになります。しかし、相手方が任意加入保険(任意保険)に加入していない場合もありえます。このような場合にどうすればよいのでしょうか。原則して、自動車運転者自賠責保険に強制加入されます。この保険自動車損害賠償法(自賠法)い…

  • 顧問契約

    顧問契約、企業がある特定の分野においてノウハウや知識を持った専門家を経営において活用する目的で、継続的な提携契約を締結するこを言います。顧問弁護士契約などがその例して挙げられます。 顧問契約、多様な業務を内容する一般的な雇用契約異なり、特定の分野の業務のみが契約の対象なります。顧問契約のメリット

  • 契約書作成とリーガルチェックの必要性

    契約書のリーガルチェック、契約書作成に際して弁護士が法的観点から確認するこを言います。 契約書取引の基礎なる重要な書類です。 インターネット等に掲載されているひな形に沿って契約書を作るこもありますが、契約書個々の取引内容や契約当事者の属性によって異なります。したがって、ひな形を個別の取引に適合するよ…

  • 企業が行うべきコンプライアンス(法令遵守)対策

    企業コンプライアンス(法令遵守)、企業が法律などの規則や社会的倫理や道徳などの基本ルールに従って、活動していくこをいいます。 企業がコンプライアンス違反をしてしまう、社会的な信用を失い、顧客離れが生じたり、損害賠償を求められるこもあります。このためコンプライアンス遵守、企業にって不可欠です。コンプラ…

  • 紛争対応

    取引先や従業員、役員の紛争、できるだけ生じないよう紛争を予防するこが重要です。特に、従業員の雇用関係また労働災害に関する紛争、事前に適切に対応していれば紛争までに発展しないこが、かなりあります。紛争を防止するために、日頃から会社の活動について法的観点からチェックするこ、意味のあるこです。

  • 経営者保証ガイドライン

    平成25年12月、日本商工会議所全国銀行協会を共同事務局する「経営者保証に関するガイドライン研究会」により「経営者保証に関するガイドライン」が策定・公表されました。これ、中小企業、小規模事業者などの経営者、会社の債務を連帯保証しているこが一般ですが、そのような個人保証について、個人保証をするこにより…

  • 相続手続きの流れ

    相続の開始後、様々な手続きが必要です。 以下に、その流れを簡単にご説明します。1 遺言書の確認 被相続人が遺言書を作っていたかどうかを確認する必要があります。 なお、昭和64(1989)年1月1日以降に作成された公正証書遺言について、公証役場に問い合わせれば、作成されたかどうかを確認するこができます。 公正…

  • 配偶者居住権について

    配偶者居住権に関する規定、令和2年4月1日以後に開始する相続について適用されます。1 これ、亡くなった被相続人が所有していた建物にその配偶者が居住していた場合に、遺産分割協議、遺贈また遺産分割の審判により、配偶者が、その建物に無償で居住する権利(配偶者居住権)を取得するいうものです。 民法1028条1項2…

  • 遺言の作成、書き換え、効果

    1 自身が亡くなった後、相続に関する紛争が生じないようにするために、遺言書を作成するこが望まれます。 遺言に、主に、①遺言者自らが遺言の全文、日付及び氏名を自ら書いて(自書)、押印して作成する自筆証書遺言、②公証人に作成してもらう公正証書遺言の2種類があります。 自筆証書遺言の「自書」の要件、平成31年1…

  • 相続放棄の注意点

    相続に以下の3種類が存在します。 単純承認、積極財産(プラスの財産)・消極財産(相続債務)を問わず、すべての相続財産を相続するいう相続方法をいいます。 限定承認、積極財産が消極財産を上回る場合においてのみ財産の相続を承認するいう相続方法をいいます。 相続の放棄、相続財産の相続を一切放棄する…

  • 遺留分侵害額請求とは

    ■遺留分侵害額請求(旧:遺留分減殺請求) 遺留分、民法に定められた各相続人に保障される相続分のこをいいます。 そして、遺留分侵害額請求、遺贈や生前贈与などにより、本来取得できた相続分を取得できなくなってしまった(遺留分が侵害された)場合に、遺贈や生前贈与を受けた者に対して、侵害された遺留分に相当する…

  • 遺産分割協議 岡山県 弁護士 相談

    相続手続き複雑で時間や労力、専門的知識を要する場面も多いため、お困りの際弁護士や司法書士いった専門機関に一度相談されるこをおすすめします。横谷法律特許事務所で、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤について山口県や岡山県、愛媛県など近隣…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です