時間外労働 手当

  • 残業代請求を行うには

    時間外労働・深夜労働は25パーセント以上、休日労働は35パーセント以上、月60時間を超える法定時間外労働については50%以上(中小企業は令和5年まで猶予)を割増で支払います。 もっとも、変形労働時間制を採用している場合などは、時間外労働としてカウントされる勤務時間の計算方法が通常とは異なるので、この通りではありま…

  • 勤務先会社が賃金を支払わない場合、どうすればよいか?

     未払い賃金の支払を請求できる期間は2年、退職手当(退職金)は5年と決められています(労働基準法115条)。(2) 遅延損害金 未払い賃金とは別に、遅延損害金も請求することができます。遅延損害金とは、本来支払われるべき日に賃金が支払われなかったこと(債務不履行)に対する損害賠償金のことです。 遅延損害金の利率は、…

  • 風邪の症状のある従業員を休ませる場合、会社は、休業手当を払う必要があるか?

     そのような従業員が自主的に休めば問題ありませんが、そうではなく、会社の指示で休ませる場合、会社は、休業手当(労働基準法26条)を支払う必要があるでしょうか。 労働基準法26条によれば、「使用者の責に帰すべき事由による休業」の場合、会社は、休業した 従業員に対して、平均賃金の60%以上の休業手当を支払わなければな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です