後遺障害 認定 通知書

  • 勤務先会社が賃金を支払わない場合、どうすればよいか?

    通知書のサンプルは、こちらです。3.(1) 労働者に対する賃金の不払いは、労働基準法(24条)に違反する行為で、30万円以下の罰金が科せられる犯罪です(労働基準法120条1号)。勤務先会社の賃金の不払いを労働基準監督署に申告すると、労働基準監督署が勤務先会社に対する調査を行って、賃金の支払を勤務先会社に勧告し、こ…

  • 東名あおり運転判決について

    ⑵ しかしながら、本件判決が現実化したと認定した「後続車が停止中の被害車両等に追突する危険性」は、危険運転致死傷罪の立案担当者が想定した「妨害運転行為の危険性」とは異なるのではないだろうか。 3 暴行事例との比較検討     ここで、危険運転致死傷罪の罪質は、「故意に危険な自動車の運転行為を行…

  • 労働災害に遭った場合の対応

    連日の徹夜が続いて自殺に追い込まれた例で安全配慮義務違反が認められた判例では、継続的に長時間の残業を行わざるを得ない状態だったこと、会社側が徹夜に気付いていたこと、業務量を適切に調整するための措置を取らなかったことなどを認めて、安全配慮義務違反を認定しています。このように、労働災害として認められるかどうかは個別の…

  • 相続放棄とは

    この通知書の到着をもって、相続放棄が認められます。横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣県の皆さまも含みます)の医療過誤、医療ミス、交通事故、企業法務、相続問題を中心に、あらゆるお悩み…

  • 交通事故被害に遭った時に請求できる損害賠償

    例えば交通事故により破損した車の損害と被害者が負った後遺障害という損害です。これらは同じ「損害」ですが法律上は別個にして考えられる損害です。このように別個に損害を考えることは、損害賠償請求をする際の請求賠償額を算定する際に大変便利であるわけです。法律上、損害は2種類に分けられるとされています。1つは、財産的損害で…

  • 医療過誤訴訟の主な流れ

    これらを分析して、医療過誤があったのか、それを認定できるほどの証拠が集まるかどうかを判断します。訴訟や話し合いをしても十分戦えそうだというときには、実際に相手方との交渉に移ります。相手との交渉といっても、いきなり訴訟提起をすることはまずありません。まずは示談交渉や調停、弁護士会主催の医療ADR(裁判外紛争解決手続…

  • 示談交渉での注意点

    交通事故では、事故の形態、ケガの程度、後遺障害が残った場合はその程度などにより、どの程度の金額の損害賠償請求をできるかが、これまでの裁判例などにより、だいたい決まっています。このような標準的な請求金額(いわゆる「相場」です)を知った上で、相手方と交渉することが大切です。それを知らずに、相手方や相手方の加入する保険…

  • 交通事故により生じる損害の種類

    後遺障害慰謝料……治療完治後も、機能障害などによる精神的損害に対する慰謝料のことです。 ・死亡慰謝料……被害者が死亡したことによる精神的損害に対する慰謝料です。そして、得られるべき損害賠償額はこれらの損害を金銭に換価したものの合計になるわけです。 これらのそれぞれの損害について、計算の方式や、事故の態様・ケガの…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です