後遺障害 診断書

  • 相続手続きの流れ

    ■相続手続きの流れ 亡くなった方の相続を開始するには、様々な手続きが必要です。 以下に、その流れを簡単にご説明します。①死亡日から一週間以内に行うこと ②死亡日から二週間以内に行うこと ③死亡日から三か月以内に行うこと 公正証書遺言や、法務省によって管理された遺言でない遺言書である場合には、遺言書を補償…

  • 交通事故被害に遭った時に請求できる損害賠償

    例えば交通事故により破損した車の損害と被害者が負った後遺障害という損害です。これらは同じ「損害」ですが法律上は別個にして考えられる損害です。このように別個に損害を考えることは、損害賠償請求をする際の請求賠償額を算定する際に大変便利であるわけです。法律上、損害は2種類に分けられるとされています。1つは、財産的損害で…

  • 示談交渉について

    交通事故で傷害を負った場合は言うまでもありませんが、自覚的な症状がない場合でも病院に行き、診断書を作成してもらいましょう。もしかすると、自覚症状はないが後遺症が生じているかもしれません。損害賠償を得ることも大事ですが、自らの身体を保護することはそれ以上に大事です。横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所…

  • 医療過誤・医療事故を疑ったときは

    紙に記録するだけでなく、診断書や、薬の入っていた袋や、処方箋など原本類などを保存しておくのも有効な手立てです。 また、医師や、看護師から説明を受けた場合は、それを主旨だけ書くのではなく、発言をそのままに記録することが良いでしょう。また、録音をしておくことも良いと思われます。なお、録音の際に許可を取る必要はありませ…

  • 医療過誤を疑ったときは

    紙に記録するだけでなく、診断書や、薬の入っていた袋や、処方箋など原本類などを保存しておくのも有効な手立てです。 また、医師や、看護師から説明を受けた場合は、それを主旨だけ書くのではなく、発言をそのままに記録することが良いでしょう。医師に、あらためて「あれはどういう手術だったのでしょうか」「これはどういうお薬ですか…

  • 示談交渉での注意点

    交通事故では、事故の形態、ケガの程度、後遺障害が残った場合はその程度などにより、どの程度の金額の損害賠償請求をできるかが、これまでの裁判例などにより、だいたい決まっています。このような標準的な請求金額(いわゆる「相場」です)を知った上で、相手方と交渉することが大切です。それを知らずに、相手方や相手方の加入する保険…

  • 交通事故により生じる損害の種類

    後遺障害慰謝料……治療完治後も、機能障害などによる精神的損害に対する慰謝料のことです。 ・死亡慰謝料……被害者が死亡したことによる精神的損害に対する慰謝料です。そして、得られるべき損害賠償額はこれらの損害を金銭に換価したものの合計になるわけです。 これらのそれぞれの損害について、計算の方式や、事故の態様・ケガの…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です