固定 残業代 就業規則

  • 残業代請求を行うには

    残業代とは、実労働時間が所定労働時間または法定労働時間を超えた場合に、通常賃金分を超えて支払わねばならない賃金のことで、労働基準法37条に定められています。法定労働時間は、労働基準法32条に定められている基準のことで、1週・1日の労働時間を原則週40時間かつ1日8時間を超えたときに残業代が発生します。また、休日労…

  • 勤務先会社が賃金を支払わない場合、どうすればよいか?

    また、残業代不払いのケースでは、労働時間の実績を明らかにするためのタイムカードや業務記録等も大切な証拠となります。退職金不払いのケースでは、退職金請求権の裏付けとなる退職金規定、就業規則、労働協約等を証拠として確保しておきましょう。2. 上記の証拠を確保した上で、内容証明郵便で、勤務先会社に対して未払い賃金の支払…

  • 遺産分割協議 岡山県 弁護士 相談

    残業代請求を行うには まずは弁護士に相談してみてください。横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣県の皆さまも含みます)の医療過誤、医療ミス、交通事故、企業法務、相続問題を中心に、あらゆ…

  • 勤務先から突然「解雇する」と言われた場合、どうすればよいか

      ・就業規則  ・労働時間管理記録  ・業務記録  ・その他社内資料  ・上司との会話を録音したテープ等 会社から交付された書面(特に雇用契約や就業規則等に関するもの)は、できるだけ保管しておくようにしましょう。労働事件では、そもそも書面化された証拠が少なく、また、証拠(証人)が会社側に独占されている場合が多い…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です