医療事故 調査

  • 遺産分割協議 岡山県 弁護士 相談

    医療過誤・医療事故を疑ったときは 最後に、医療過誤や医療事故を裁判で追及していくことをお考えの方は、なるべく早めに弁護士に相談にいらっしゃってください。損害賠償請求権には消滅時効があるため、あまり時間が経ってしまうと請求をすることができません。横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に…

  • 勤務先会社が賃金を支払わない場合、どうすればよいか?

    勤務先会社の賃金の不払いを労働基準監督署に申告すると、労働基準監督署が勤務先会社に対する調査を行って、賃金の支払を勤務先会社に勧告し、この勧告の結果、会社が未払い賃金を支払う場合があります。労働基準監督署に対する申告は無料です。また、匿名での申告も可能となっています。 したがって、内容証明郵便で勤務先会社に対して…

  • 交通事故での信号サイクルの活用

     ここで、交通事故にかかる損害賠償請求訴訟の中で、信号サイクルを調査することにより、解決に至った事例を紹介致します。なお、個人情報保護の関係から、事例の内容を一部改変しております。⑴信号のある交差点(以下、「本件交差点」といいいます)で、バイクが自動車に衝突されました(当方は、バイク運転手の訴訟代理人でした)。

  • 所有者が不明な不動産の対応

     すでに所有者が亡くなっていた場合には、相続人の有無を調査し、それが判明した場合には、上述の手続と同じように、住民票等を取り寄せて、相続人の所在を確認することになります。 なお、本人以外の第三者(同一世帯人は除きます)が、本人からの委任状無しに、住民票や戸籍の取寄せを行うことはできません。この点、弁護士は、職務上…

  • 相続手続きの流れ

    公正証書遺言や、法務省によって管理された遺言でない遺言書である場合には、遺言書を補償するために裁判所によって遺言書を調査・検認してもらう手続きが必要となります。・相続人の確定 相続人の確定にあたっては、亡くなった方のご両親にたどり着くまで戸籍をさかのぼり、亡くなった方の戸籍の流れを特定することが必要です。戸籍が各…

  • 医療過誤訴訟の主な流れ

    まずは、訴訟や話し合いで、医療機関側に過失があったことを根拠をもって主張していくために、証拠収集や調査をしていくことになります。カルテを開示すること、医学書や文献を収集すること、協力してくれる医師から意見を聴取すること、医療機関側に説明を求めることなどです。これらを分析して、医療過誤があったのか、それを認定できる…

  • 医療過誤の調査~カルテ開示請求や証拠保全手続きについて~

    医療過誤の調査には、カルテ開示請求や証拠保全の手続きが欠かせません。診療に関する情報は、患者側よりも医療機関側が多く保持しており、これらの証拠を引き出さなければ医療過誤の責任を追及していくことは難しいのです。 カルテや医療記録等の証拠をおさえるためには、方法が2つあります。1つ目は、カルテ(診療情報)開示請求をす…

  • 医療過誤・医療事故を疑ったときは

    医師に説明を求める際には、診断内容とその理由、医療事故発生時の対応内容やその対応をした理由、患者に対する治療・投薬とその理由、副作用や合併症が起きる可能性が想定されていたか、後遺症が残る可能性または治癒の可能性などを聞くと良いと思われます。最後に、医療過誤や医療事故を裁判で追及していくことをお考えの方は、なるべく…

  • 医療過誤を疑ったときは

    医師に説明を求める際には、診断内容とその理由、医療事故発生時の対応内容やその対応をした理由、患者に対する治療・投薬とその理由、副作用や合併症が起きる可能性が想定されていたか、後遺症が残る可能性または治癒の可能性などを聞くと良いと思われます。横谷法律特許事務所は、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、…

  • 医療過誤の調査~カルテ開示請求や証拠保全手続きについて~

    医療過誤の調査には、カルテ開示請求や証拠保全の手続きが欠かせません。診療に関する情報は、患者側よりも医療機関側が多く保所持しており、これらの証拠を引き出さなければ医療過誤の責任を追及していくことは難しいのです。 カルテや医療記録等の証拠をおさえるための方法は、2つあります。1つ目は、カルテ(診療情報)開示請求をす…

  • 医療過誤事案の解決までの手続の流れ

    その上で、医療ミスが考えられる場合、次の医療調査の段階に進みます。2. カルテ・レントゲン・CT等の診療に関する記録を相手方病院から取り寄せた上で、協力してくれる医師に医療ミスの有無について意見を聞きます。協力する医師も医療ミスを認める場合、次の示談交渉または損害賠償請求訴訟の段階に進みます。 なお、診療に関す…

  • 相続手続きの流れ

    2 相続人、遺産の調査 誰が法定相続人になるかを確認する必要があります。 また、遺産の範囲を(被相続人の債務も)調査する必要もあります。3 遺産分割の協議 相続人全員で、遺産の分け方について話し合います。 話し合いがまとまらない場合、家庭裁判所に遺産分割の調停を申し立てることが考えられます。 なお、相続債務が遺産…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です