労働基準法 週 40時間

  • 残業代請求を行うには

    残業代とは、実労働時間が所定労働時間または法定労働時間を超えた場合に、通常賃金分を超えて支払わねばならない賃金のことで、労働基準法37条に定められています。法定労働時間は、労働基準法32条に定められている基準のことで、1・1日の労働時間を原則40時間かつ1日8時間を超えたときに残業代が発生します。また、休日労…

  • 勤務先会社が賃金を支払わない場合、どうすればよいか?

    (1) 労働者に対する賃金の不払いは、労働基準法(24条)に違反する行為で、30万円以下の罰金が科せられる犯罪です(労働基準法120条1号)。勤務先会社の賃金の不払いを労働基準監督署に申告すると、労働基準監督署が勤務先会社に対する調査を行って、賃金の支払を勤務先会社に勧告し、この勧告の結果、会社が未払い賃金を支払…

  • 勤務先から突然「解雇する」と言われた場合、どうすればよいか

    従業員の求めがあった場合、会社は解雇理由を記載した証明書を交付する義務があります(労働基準法22条)。 会社側が解雇理由を一応説明している場合でも、弁護士による交渉や、解雇を争う裁判等の手続が始まると、会社側が、解雇理由の後付をすることや、それまで説明していた解雇理由とは異なる主張をすることがあります。このため、…

  • 風邪の症状のある従業員を休ませる場合、会社は、休業手当を払う必要があるか?

     そのような従業員が自主的に休めば問題ありませんが、そうではなく、会社の指示で休ませる場合、会社は、休業手当(労働基準法26条)を支払う必要があるでしょうか。 労働基準法26条によれば、「使用者の責に帰すべき事由による休業」の場合、会社は、休業した 従業員に対して、平均賃金の60%以上の休業手当を支払わなければな…

  • 相続手続きの流れ

    ①死亡日から一間以内に行うこと ②死亡日から二間以内に行うこと ③死亡日から三か月以内に行うこと 公正証書遺言や、法務省によって管理された遺言でない遺言書である場合には、遺言書を補償するために裁判所によって遺言書を調査・検認してもらう手続きが必要となります。・相続人の確定 相続人の確定にあたっては、…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です