休日出勤 割増

  • 残業代請求を行うには

    また、休日労働や深夜労働にも割増賃金を支払う必要があります。時間外労働・深夜労働は25パーセント以上、休日労働は35パーセント以上、月60時間を超える法定時間外労働については50%以上(中小企業は令和5年まで猶予)を割増で支払います。 もっとも、変形労働時間制を採用している場合などは、時間外労働としてカウントされ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です