企業間 紛争

  • 勤務先会社が賃金を支払わない場合、どうすればよいか?

    (2) 賃金の不払いは労働基準法に違反する行為ですので、まずは労働基準監督署に申告することが必要ですが、紛争調整委員会によるあっせん制度や各都道府県労働委員会(若しくは、都道府県庁の労政主管課)によるあっせん制度を利用できる場合もあります。あっせん制度は、労働者と勤務先会社との間に、紛争調整委員会等の公平・中立な…

  • 勤務先から突然「解雇する」と言われた場合、どうすればよいか

     利用できる紛争解決制度としては、①都道府県労働局長による助言・指導②紛争調整委員会のあっせん制度等があります。4 裁判手続を利用する 労働契約に関するトラブルを解決するための裁判手続には、労働審判、本訴、仮処分があります。(1) 労働審判 労働審判とは、労働契約に関するトラブル(個別労働紛争)を迅速に解決するた…

  • 交通事故での信号サイクルの活用

    上記は、交通事故の際に問題となる事柄の一例に過ぎません。その結果、当方の主張(本件事故は、赤信号を無視して交差点に進入した乙の一方的な過失によること)にほぼ沿った内容で、和解が成立しました。交通事故に関する紛争でお困りの際は、お気軽にご相談ください。以上

  • 隣の崖の所有者に防護擁壁の設置を求められるか?

     しかしながら、控訴審の東京高裁昭和62年9月29日判決(篠塚昭次外「境界の法律紛争」[第2版、有斐閣、1997年]222頁)は、以下のように述べて、高地所有者が擁壁改修費用の全額を負担すべきと判断しました。 「所有権に基づく妨害予防請求権は、所有権の円満な行使を侵害する可能性が客観的に極めて大きい場合において、…

  • 企業倒産・企業再生対応

    破産によって会社が被るリスクを事前に除去することで円滑な手続きを可能にし、紛争に発展防止の対策を講じることができるようになります。また、破産申し立て後の破産管財人との打ち合わせ等に同席し、引き続き法的助言を行うことが可能です。横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安…

  • 会社訴訟・紛争対応

    会社固有の訴訟とは具体的には会社の取引先との紛争や会社と従業員との紛争、会社と株主、役員などの間での紛争(株主代表訴訟や退職慰労金請求訴訟、取締役の責任に関する訴訟)等が挙げられます。会社固有の訴訟は一般規定である民法の規定ではなく、会社法の適用が優先されます。そのため、より専門的な法的知識を伴う紛争であるため弁…

  • 契約書作成とリーガルチェックの必要性

    しかしそれらを看過してしまうと後々、契約に不都合が生じ、紛争に発展してしまうことも多いです。そのため、弁護士に法的観点から契約書をチェックしてもらうことによってトラブルのもとになる恐れのある条項を指摘してもらうことや、自己に不利な条項を指摘してもらうこと、解釈に争いが生じそうな条項を指摘してもらうことで、契約書作…

  • 顧問契約

    顧問契約のメリットは専門分野についての紛争が発生した際にその分野の専門家を探す時間を省くことができ、迅速に対応することができることが挙げられます。例えば顧問弁護士契約を締結した場合には、企業内で法律問題が発生した際に、迅速にその問題の解決に向けて動き出すことができます。また、専門家から説明を受けることができますの…

  • 示談交渉について

    やはり法律のプロであり民事紛争の経験が豊富な弁護士が付いていることは精神的にも、示談交渉でも余裕が生じるでしょう。 4つ目は、病院に行くことです。交通事故で傷害を負った場合は言うまでもありませんが、自覚的な症状がない場合でも病院に行き、診断書を作成してもらいましょう。もしかすると、自覚症状はないが後遺症が生じてい…

  • 交通事故発生から解決までの流れ

    被害者が損害賠償を得る手段として損害賠償請求訴訟などの裁判所を利用するもの、そして示談交渉などの裁判所を利用しない紛争解決形態があります。 また、保険会社からの連絡がなかったり、自分から相手との連絡をすることが億劫な場合には弁護士を利用しても良いでしょう。ちなみに、加入されている自動車保険の中には弁護士特約のつい…

  • 医療過誤訴訟の主な流れ

    まずは示談交渉や調停、弁護士会主催の医療ADR(裁判外紛争解決手続)によって解決ができないか、裁判外で交渉を進めていきます。こうした任意の交渉で相手側が医療過誤を認め、示談に応じることも少なくありません。また、こうした話し合いの中で、相手が反論してきた場合は、裁判に至っても同様の内容で反論してくることが考えられる…

  • 医療機関との示談交渉

    示談がまとまらない場合は、ADR(裁判外紛争解決手続)という弁護士会主催の裁判外の調停を利用すること、裁判所の調停を利用することが考えられます。それでもまとまらなければ、裁判に発展します。またこれらの調停を利用する前に、相手との話し合いの折り合いが全くつかなそうな場合は、いきなり訴訟提起という可能性もあります。

  • 顧問契約

    顧問契約のメリットは、専門分野についての紛争が発生した際にその分野の専門家を探す時間を省くことができ、迅速に対応できることが挙げられます。例えば顧問弁護士契約を締結した場合には、企業内で法律問題が発生した際に、迅速にその問題の解決に向けて動き出すことができます。また、専門家から説明を受けることができますので、誤っ…

  • 紛争対応

    取引先や従業員、役員との紛争は、できるだけ生じないよう紛争を予防することが重要です。特に、従業員との雇用関係または労働災害に関する紛争は、事前に適切に対応していれば紛争までには発展しないことが、かなりあります。紛争を防止するために、日頃から会社の活動について法的観点からチェックすることは、意味のあることです。

  • 遺言の作成、書き換え、効果

    1 自身が亡くなった後、相続に関する紛争が生じないようにするために、遺言書を作成することが望まれます。 遺言には、主に、①遺言者自らが遺言の全文、日付及び氏名を自ら書いて(自書)、押印して作成する自筆証書遺言と、②公証人に作成してもらう公正証書遺言の2種類があります。 自筆証書遺言の「自書」の要件は、平成31年1…

  • 遺産分割協議 岡山県 弁護士 相談

    会社訴訟・紛争対応 そのため、より専門的な法的知識を伴う紛争であるため弁護士等の介入が必要となる場合がほとんどです。企業紛争はその特殊性から解決に多くの時間と負担を伴うことが多いです。ですので、取引先や従業員、役員と会社との関係悪化により紛争が発生しそうな場合、事前に紛争を予防する策を講じることも弁護士に相談する…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です