遺産分割協議が必要な場合

■遺産分割協議とは
遺産分割協議とは、各相続人に対してそれぞれ個別の財産の帰属分を確定するために各相続人が全員で協議を行うことをいいます。

■遺産分割協議が必要となる場合
こうした遺産分割協議が必要となるのは、以下のような場合が考えられます。

・相続人の間でトラブルを防止したい場合
遺産分割協議については、相続人の全員が協議に参加し、協議書に署名押印を行うことが必要です。
そのため、遺産分割協議書を作成することによって相続人全員が相続の方法や内容に納得したことを証明することができます。
相続に関して様々なトラブルが生じた場合にも、遺産分割協議書を作成しておけばそうしたトラブルを通じて自らが不利益を被ることを未然に防ぐことができます。

・預貯金の遺産を相続する場合
亡くなった方の預貯金を相続し、銀行に払い戻しを請求する場合には、遺産分割協議書が存在することで払い戻しをする安全性を担保する必要があるため、遺産分割協議書が必要となることが考えられます。

・自動車や株の名義変更を行う場合

上述したケース以外にも、相続に関するトラブルが生じてしまうことは考えられます。そのため、トラブルを未然に防ぎ、円滑に相続を行うためにも、相続の際は遺産分割協議書を作成されることをおすすめします。

横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣県の皆さまも含みます)の医療過誤、医療ミス、交通事故、企業法務、相続問題を中心に、あらゆるお悩みの相談やトラブル解決を承ります。

お客様に対しては、法的観点からみた現在の状況と今後の見通しについて、できるだけ詳しくわかりやすくご説明いたします。お困りのことがありましたら、ぜひ当事務所へご相談ください。