示談交渉について

現代において、自分のせいではなくとも交通事故に巻き込まれ、傷害を負う可能性を誰しも有しています。人身事故にあった際に、事故の相手方(加害者)に対して車の修理費・傷害の治療費・慰謝料などを請求するように交渉することが大事になってきます。これがいわゆる示談交渉というものです。

なぜこの示談交渉が大事であるかというと、自動車事故の場合には加害者が加入する保険会社により賠償額が算定され、自分では納得できないような賠償金額に留まり、いわゆる「泣き寝入り」を強いられることがあるからです。要するに、交通事故によって生じた損害の賠償を得るためには、加害者や加害者が加入する保険会社に受け身の姿勢ではなく、積極的な姿勢が必要とされるわけであります。

事故にあった直後にしなければならないことは4つあります。
1つ目は、警察に連絡することです。これは二次被害を防ぐこと、そして警察の手で交通事故の証拠を保全するという2つの意味で重要です。証拠が保全されていることで自分がどれだけの被害があったかをある程度精確に主張することができ、示談の交渉で有利な立場に立つことができます。
2つ目は加害者の身元を確認しておくことです。名刺などを入手し、連絡先を把握しておきましょう。
3つ目は自分が加入している自動車保険に「弁護士費用特約」がついているかどうかを確認することです。弁護士特約とは、交通事故に関する事故が生じたときに特別の費用を払うことなく(あるいは割安で)弁護士が付いてくれる制度です。やはり法律のプロであり民事紛争の経験が豊富な弁護士が付いていることは精神的にも、示談交渉でも余裕が生じるでしょう。
4つ目は、病院に行くことです。交通事故で傷害を負った場合は言うまでもありませんが、自覚的な症状がない場合でも病院に行き、診断書を作成してもらいましょう。もしかすると、自覚症状はないが後遺症が生じているかもしれません。損害賠償を得ることも大事ですが、自らの身体を保護することはそれ以上に大事です。

横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣県の皆さまも含みます)の医療過誤、医療ミス、交通事故、企業法務、相続問題を中心に、あらゆるお悩みの相談やトラブル解決を承ります。

お客様に対しては、法的観点からみた現在の状況と今後の見通しについて、できるだけ詳しくわかりやすくご説明いたします。お困りのことがありましたら、ぜひ当事務所へご相談ください。