相手方が任意保険等未加入だった場合

交通事故によりケガの治療費や車の修理費を基本的に相手方の保険会社に請求することになります。しかし、相手方が無保険の場合もありえます。このような場合にどうすれば良いのか、考えていきます。

原則として、自動車運転者は自賠責保険に強制加入されます。この保険は自動車損害賠償法(自賠法)という法律に基づくもので、加入していない自動車運転者には1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられています(自賠法86条の3第1項)。このような強い罰則が科せられていることを考えると、まず自動車運転者の中で、保険に加入していない人はいないわけです。
そうなれば、相手方が任意保険に加入していなくても自賠責保険会社に請求すればよいと思えるかもしれません。しかし、自賠責保険と任意加入保険では請求できる内容に違いがあります。

簡単に言うと、自賠責保険が人的損害に対する補償のみに留まるのに対し、任意加入保険は基本的に人的損害に加え、物的損害に対する補償も含まれるわけです。また、人的損害に対する補償についても保険金額は異なり、自賠責保険では任意加入保険に比べて補償額が少ないです。これは、自賠責保険が最低限の補償を行う保険であるからです。

このように、相手方が任意加入保険に加入していない場合には主に物的損害の補償を受けることができないわけですが、他に交通事故による損害を補償する方法は大きく2つあると考えられます。

第1に、自らが加入している自動車保険や労災・健康保険を利用することです。特に人身傷害保険(特約)に加入している場合は契約に基づき一定額の治療費・慰謝料を受け取ることができます。
第2に、交通事故の相手方に対して損害賠償請求をすることです。方法は様々ありますが、まずが内容証明郵便を送り、示談をする。そして示談がうまくいかなかった場合は調停や訴訟など裁判所を利用する、ということになります。ただし、相手方が損害賠償額を全てカバーできるかどうかは甚だ厳しいところがありますし、訴訟の場合は自らの過失も問われ、全額受け取ることができないことがほとんどです。

横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣県の皆さまも含みます)の医療過誤、医療ミス、交通事故、企業法務、相続問題を中心に、あらゆるお悩みの相談やトラブル解決を承ります。

お客様に対しては、法的観点からみた現在の状況と今後の見通しについて、できるだけ詳しくわかりやすくご説明いたします。お困りのことがありましたら、ぜひ当事務所へご相談ください。