契約書作成とリーガルチェックの必要性

契約書のリーガルチェックとは、契約書作成に際して弁護士が法的観点から確認することを言います。
契約書は取引の基礎となる重要な書類です。もっとも、一般的にインターネット等に掲載されている雛形に沿って契約書を書いてしまう当事者も多いです。

しかし、契約書は個々の取引内容や当事者の属性によって異なります。ですので、契約書の雛形の通りに書いてしまうと契約内容に漏れがあることや過剰な記載となってしまう場合もありますので、雛形通りの契約書の作成はお勧めしません。また、相手方に契約書作成をお願いした場合には相手方に有利に契約書作成されてしまうことも少なくありません。しかしそれらを看過してしまうと後々、契約に不都合が生じ、紛争に発展してしまうことも多いです。

そのため、弁護士に法的観点から契約書をチェックしてもらうことによってトラブルのもとになる恐れのある条項を指摘してもらうことや、自己に不利な条項を指摘してもらうこと、解釈に争いが生じそうな条項を指摘してもらうことで、契約書作成段階においてトラブルを未然に防止することができるようになります。

リーガルチェックは確認作業であるため、一定の時間がかかります。ですので、弁護士にリーガルチェックを依頼する場合には契約する前に余裕を持って相談することをお勧めします。

契約書のリーガルチェックは契約書の内容に応じて、それを専門とする法律事務所に依頼することをお勧めします。多くの場合は取引契約の契約書であることが多いため取引契約書については企業法務を専門とする法律事務所に依頼することをお勧めします。

横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣県の皆さまも含みます)の医療過誤、医療ミス、交通事故、企業法務、相続問題を中心に、あらゆるお悩みの相談やトラブル解決を承ります。

お客様に対しては、法的観点からみた現在の状況と今後の見通しについて、できるだけ詳しくわかりやすくご説明いたします。お困りのことがありましたら、ぜひ当事務所へご相談ください。