医療過誤訴訟の主な流れ

医療過誤や医師の説明義務違反が行われる場合、どのような流れで訴訟を提起するのでしょうか。

まずは、訴訟や話し合いで、医療機関側に過失があったことを根拠をもって主張していくために、証拠収集や調査をしていくことになります。カルテを開示すること、医学書や文献を収集すること、協力してくれる医師から意見を聴取すること、医療機関側に説明を求めることなどです。これらを分析して、医療過誤があったのか、それを認定できるほどの証拠が集まるかどうかを判断します。訴訟や話し合いをしても十分戦えそうだというときには、実際に相手方との交渉に移ります。

相手との交渉といっても、いきなり訴訟提起をすることはまずありません。まずは示談交渉や調停、弁護士会主催の医療ADR(裁判外紛争解決手続)によって解決ができないか、裁判外で交渉を進めていきます。こうした任意の交渉で相手側が医療過誤を認め、示談に応じることも少なくありません。また、こうした話し合いの中で、相手が反論してきた場合は、裁判に至っても同様の内容で反論してくることが考えられるため、再反論の主張を組み立てたり証拠を集める機会にもなります。

医療機関側と話し合いがまとまらなかったり、全面的に示談等を拒否される場合などは、裁判に移ります。
裁判自体、平均審理期間が1年以上ですし、医療裁判は高度に専門的で複雑な内容なので、さらに審理が長期化することもあり得ます。証拠収集や、示談にも時間がかかるため、長い道のりになります。

また、基本的に患者側は証拠収集や知識面で不利なことも多いため、裁判をしたからといって必ず勝てるということでもなく、難しい訴訟です。その一方で、示談や裁判を通じて、今までは明らかにされてこなかった事案の内容が解明されることで、納得できるようになった方や、やりきったという思いを得る方も多く、一定の結論を出すという意味合いも大きいといえます。

横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣県の皆さまも含みます)の医療過誤、医療ミス、交通事故、企業法務、相続問題を中心に、あらゆるお悩みの相談やトラブル解決を承ります。

お客様に対しては、法的観点からみた現在の状況と今後の見通しについて、できるだけ詳しくわかりやすくご説明いたします。お困りのことがありましたら、ぜひ当事務所へご相談ください。