企業が行うべきコンプライアンス(法令順守)対策

企業コンプライアンス(法令遵守)とは、企業が法律などの規則や社会的倫理や道徳などの基本ルールに従って活動していくことを言います。
企業がコンプライアンス違反をしてしまうと、社会的な信用を失い、顧客離れが生じたり、損害の賠償に追われて赤字となってしまったり、場合によっては倒産や破産に追い込まれてしまうこともあります。そのためコンプライアンス遵守は会社の成長・発展に影響を与える大切な要素です。

コンプライアンス遵守のために企業が行うべきことは主に3つあります。
1つ目は従業員を個々人の倫理観を教育することです。
従業員に義務としてコンプライアンスを守らせるよりも、倫理観、道徳観を定期的な研修等によって身につけさせ、コンプライアンスに基づいた活動を意識的にさせることで自主的なコンプライアンス遵守が期待できます。

2つ目はハラスメントに対する対処を徹底することです。
近年、パワーハラスメントやセクシュアルハラスメントなどのハラスメントが社会的問題として大きく取り上げられるようになりました。そのため、ハラスメント問題を放置することは企業の信用に関わりますし、従業員の職場環境の整備やモチベーション低下にも繋がります。そのため企業は不当な行為を行う従業員を排除することで職場環境を整える必要があります。

3つ目は内部告発の窓口を作ることです。
これはハラスメント対処にも繫がることですが、会社内の不正の内部告発ができる環境を整えることで、会社のモラルを維持することができます。
この際に気をつけるべきことは、内部告発の匿名を徹底し、公正な判断を行うようにすることです。内部告発者の保護を徹底できなければ告発の窓口が機能しません。また、社内教育等で内部告発の認識を「裏切り」と言う認識ではなく、会社のコンプライアンス遵守という認識を持たせることが重要です。

横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣県の皆さまも含みます)の医療過誤、医療ミス、交通事故、企業法務、相続問題を中心に、あらゆるお悩みの相談やトラブル解決を承ります。

お客様に対しては、法的観点からみた現在の状況と今後の見通しについて、できるだけ詳しくわかりやすくご説明いたします。お困りのことがありましたら、ぜひ当事務所へご相談ください。