交通事故発生から解決までの流れ

現代において交通事故に遭う可能性は誰しもが有しています。しかしながら交通事故に遭うと何をしていいかわからないと思う人が大多数でしょう。もし仕事などの急ぎの用がある中で交通事故に遭うとより混乱することだと思います。様々な一度に問題が生じるためにパニックになってしまうことがあるわけです。この場合に交通事故の相手方に感情的に振る舞うよりこの状況で冷静に何をするのがベストかを考えることが大事になります。そのための足掛かりとして、⑴交通事故にあったときに何をすればいいのか、⑵どのように交通事故は解決されるかをそれぞれ見ていきましょう。

⑴交通事故にあったときに何をすればいいのか
まず、相手の名刺をもらうことが最も良いです。これは、交通事故の相手方の名前・電話番号などを知るためです。また、加害者の車のナンバーも記録しておきましょう。目撃者も確保しておければ望ましいです。
また、警察に連絡することで証拠の保全をすることができます。これにより交通事故の解決手段としての損害賠償請求や示談交渉に際してより客観的な証拠による有利な主張・交渉をすることができます。
最後に、病院には行っておいた方がいいでしょう。ケガをしている場合には言うまでもないとしても、たとえ自覚的な症状がなくとも病院には行っておくべきです。

⑵どのように交通事故は解決されるか
交通事故は大概の場合加害者が被害者に対して損害賠償をする形で解決されます。被害者が損害賠償を得る手段として損害賠償請求訴訟などの裁判所を利用するもの、そして示談交渉などの裁判所を利用しない紛争解決形態があります。
また、保険会社からの連絡がなかったり、自分から相手との連絡をすることが億劫な場合には弁護士を利用しても良いでしょう。ちなみに、加入されている自動車保険の中には弁護士特約のついているものがあります。この制度は、交通事故に遭ったときに弁護士費用を保険会社が一部または全額負担するという制度です。弁護士特約を利用することによって弁護士を雇う負担がかからずに弁護士に交通事故に関する損害賠償請求の依頼をすることができます。
損害賠償請求をするといっても第一に行うべきことは示談交渉です。というのは、訴訟など裁判所を利用する紛争解決は経済的・時間的コストがかかることがあるからです。弁護士とともに相手と示談交渉をするというのがベストな方法でしょう。

横谷法律特許事務所では、広島市中区にある法律事務所です。広島市を中心に呉市、東広島市、安芸高田市などにお住まいの皆さま(医療過誤については山口県や岡山県、愛媛県など近隣県の皆さまも含みます)の医療過誤、医療ミス、交通事故、企業法務、相続問題を中心に、あらゆるお悩みの相談やトラブル解決を承ります。

お客様に対しては、法的観点からみた現在の状況と今後の見通しについて、できるだけ詳しくわかりやすくご説明いたします。お困りのことがありましたら、ぜひ当事務所へご相談ください。