解決のための手続の流れ

    
    

   
1 相 談
  これまでの診療の経過をお聞きします。
  医療ミス
が考えられる場合は、次の医療調査の段階に進みます

  
2 医療調査

  カルテ、レントゲン・CT等の診療に関する記録を病院から取り寄せた上で、協力してくれる医師に医療ミ
 スの有無について意見を聞きます。
  協力医師の見解でも医療ミスが認められた場合、次の示談交渉又は損害賠償請求訴訟の段階に進みます。
  なお、診療に関する記録を病院から取り寄せるにあたって、病院がカルテを改ざんすることが考えられる場
 合があります。このような場合、裁判官らとともに、抜き打ち的に相手方病院に行ってカルテ等のコピーをと
 る、「証拠保全」という手続をすることもできます。

3 示談交渉又は損害賠償請求訴訟
  協力医師の見解で医療ミスが認められた場合、病院に対して損害賠償を求めるために、示談交渉をするか、
 裁判所で訴訟を提起することとなります。
  示談交渉しても病院が損害賠償に応じない場合は、訴訟提起することとなります。病院は、示談交渉の段階
 では損害の賠償に応じないことが多いため、示談交渉をせずに訴訟を提起することも、しばしばあります。
  示談交渉又は訴訟を提起するにあたっては、損害賠償請求が(病院又は裁判所によって)認められる見込み
 と損害賠償金としてどの程度の支払いが見込まれるかについて、あらかじめご説明致します。

 




このページの先頭へ